イライラママは骨盤が寝ている⁉︎?美姿勢がイライラに効く秘密とは?

こんにちは!

ぽかぽかあったか はっぴぃハート作りのお手伝い 小谷こずゑです。

骨盤が寝ているって?

しょっちゅうイライラ、つまらないことでカチン、気づけばお小言…。

もう、そんな自分が嫌になる

っていうか

疲れる!

というあなた。

背中、丸まってませんか?

頭、肩より前に飛び出してませんか?

もしかするとあなたの骨盤は寝ているいるかもしれません。

「寝ている」=「倒れている」ということです。

骨盤の後傾・前傾

骨盤が正しい位置より後ろに倒れていると腰が後ろに引けるので、バランスを取ろうとして上半身が前かがみになります。

背中や腰に負荷がかかります。

逆に前に倒れていると反り腰になり、頭は前に出る形になります。

下腹が出やすくなり、肩や腰に負担がかかります。

どちらも背筋が不自然で、肩こりや腰痛などの不具合が生じやすくなるといわれています。

イライラと骨盤の関係

腰や背中に集中している交感神経というものがあります。

交感神経とは激しい活動を行なっている時に活性化する自律神経で、アクティブな動きや集中力を高める働きなどに関係しています。

もちろん大切なものではあるのですが、これが刺激し続けられると常に覚醒した状態となってイライラしやすくストレスも感じやすくなってしまうのです。

つまり、骨盤の位置が正しくない状態が続くと、交感神経が刺激されすぎて心も身体も悲鳴を上げてしまうのです。

イライラやムカムカが日常的に続くようなら、姿勢をチェックしてみましょう。

仙骨を立てる

私は少し前まで猫背女でしたが、3年ほど前から整体に通い始め、骨盤の矯正に取り組みました。

そして1年前、

「アンガーマネジメント ×怒らない体操」のインストラクターになり、

毎日「仙骨を立てる」体操をしています。

「仙骨」は骨盤の一番下の部分であり、ここをしっかり立てる(正しい位置に保つ)ことで、美しい姿勢を作り出します。

美しい姿勢は

腰や肩への負担が減り、交感神経を無駄に刺激することがありません。

おかげで、50歳を過ぎているのに身長が1㎝伸び、肩こり・腰痛が激減しました。

見た目も気分もスッキリ。

「いつも背筋が伸びてて気持ちがいいですね〜」

「いつも朗らかですね〜」

とよく言われるようになりました。

家族や友人や周りの方々にも「仙骨立て」をオススメしていますが、

「だるいときにやると効果てきめんです」

「O脚が治りました!」

「心も体もシャキッとします」

と、とても好評です。

ココロとカラダは密接につながっていて相互に影響し合あっています。

イライラ軽減のために、カラダの調整始めてみませんか?

↑真ん中の逆三角形の部分が仙骨です!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

日本ブログ村のランキングに参加しています。

応援のためのクリックをお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 子育てアドバイザーへ
にほんブログ村

「~~しないと××できないよ!」という言い方は子どもにどう響く?★否定表現を肯定表現に変えてみる

こんにちは!

ぽかぽかあったか はっぴぃハート作りのお手伝い 小谷こずゑです。

ついつい使ってしまう「~~しないと××できないよ!」という言い方。

励まそうとして言うその言い方、子どもにはどんな風に受け取られるんでしょう?

実は励ましになっていないその言い方

親としてはなんとかステップアップしてほしくて言いますがが、子どもの方はどんなふうにとらえるかというと・・・?

*やる気喪失

*「おどされた」感

*自分ダメ感

つまり、全然励ましにはならないんです。

というのも、このフレーズには

「二つの否定形」

が入ってるんですね。

否定表現は脳に残りやすいので、子どものこころに否定感情が生まれやすいのです。

人間には「ポジティブなことよりネガティブなことの方が記憶に残りやすい」という「ネガティブバイヤス」のしくみが働いています。

もともとは危険や害になるものから身を守る「サバイバルメカニズム」のひとつでしたが、現代社会ではそれが強く働き過ぎてしまう傾向があるようです。

否定表現を肯定表現に!

小学校入学や幼稚園入園を控えた年頃のお子さんに対して

「朝一人で起きないと小学校へいけないよ!」

というよりは

「目覚まし時計で起きられたら、気持ちよく小学校へいけるね!」

と言い換えてみたらどうでしょう。

この言い方だと、否定形は使っていませんね。

「起きられる」「行ける」、どちらも肯定形です♪

言葉には力が宿っていますので、否定的な言い方ばかりされると子どもは自分に対して否定的なイメージをもちやすくなります。

反対に肯定的な言葉をかけ続けることで「自分はできるのでは?」「できるはず」「きっとできる」という思考が育ちやすいようです。

◎「お片づけできないと幼稚園行けないよ!」

「これを箱にきれいにしまえたら、幼稚園に行けるお兄さんだね!」

◎「好き嫌いして全部食べられないと 給食のとき困るよ!」

「人参も食べられたら 給食のときも安心できるね」

なるべく具体的にイメージできる言い方にしてみましょう。

否定形を使いそうになったら

「これを肯定的に言うとどうなるかな?」

と、ぜひゲーム感覚でやってみてください。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

日本ブログ村のランキングに参加しています。

応援のためのクリックをお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 子育てアドバイザーへ
にほんブログ村