会えない時間が愛育てるのさ!★イラっとしたらタイムアウトという方法

ここ埼玉県に緊急事態宣言が出されてから、3週間が経とうとしています。

でも、私の生活は実は、その前とそれほど大きく変わっていません。

食材は2社の宅配をそのまま続けているので、買い物は不足分を補う程度に週に1.2回。買うもの目掛けてごく短時間。

夫も変わらず通勤しているので、5:30起きの弁当作りも変わらず。

元々が「家でやりたいこといっぱいあるタイプ」なので、これまでより家時間が増えてもヒマで困るっていう感じでもありません。

むしろ、オンライン活動がぐっと増えて、なんだか忙しい

昨日は朝9:00 勤務園のオンライン保育、

11:00 オンライン礼拝

14:00 オンライン子ども会

17:00 オンライン交流会

なんだかずっとオンライン、オンラインでした。

今までたくさんの人と会って話して交流していたのができなくなってしまったこの3週間。

でも、その分、たがいに安否を問い合い、心の距離が近くなったような気がするのです。

「会えない時間が愛育てるのさ」とは、郷ひろみのむかーしの歌の歌詞。

会えないからこそ思いを馳せ、つながることの喜びを感じることができています。

逆に、ずっと一緒にいることによってストレスやイライラを感じるという家庭もでてきていますね。

家族であっても、同じ家の中にいたとしても、時として離れることも大切です。

離れるからこそ冷静になれることもあります。

カッときたら、イラッときたら、おうちの中ででも離れてみてください。

別室に行く。

ベランダに出る。

トイレに篭る。

散歩に出る。

これは「タイムアウト」というアンガーマネジメントテクニックのひとつです。

クールダウンするほんのひと時を持つことで、冷静になり、優しさを取り戻すことができるのです。

緊急事態宣言の期間延長も噂されています。

皆さまの心と身体が健康でありますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。