中間反抗期、キレない子どもになるために親ができること★

トラブルが発生した時に、感情が高ぶり、うまく対応できないということがあります。

自然災害や事故など大きなアクシデントの時は誰でも気持ちが動転するものですよね。

でも、そういった非日常ではなくごく普通の日常生活の中で、些細なトラブル(特に人間関係)での気持ちの行き違いなどでたやすく「キレて」しまう子が多くなっています。

「キレて暴力」が増加中の小学校低学年

2歳前後のイヤイヤ期や言語発達が未熟の3歳前後には、「思い通りにいかない」「言葉で伝えられない」葛藤が暴力となって現れることがあります。

かんしゃくを起こして物に当たったり、お友だちをたたいてしまったり。

しかし、少しずつ感情コントロールと言語能力を身につけるうちにこれらのことは次第に収まっていきます。

ところがここ10年間で、小学校低学年の児童の暴力は14倍も増加しています。

思春期のあたりの第二次反抗期と先ほどの幼児期の第一次反抗期の間に位置することから「中間反抗期」とも呼ばれるようになりました。

中間反抗期の原因

原因はひとつには絞れませんが、社会環境の変化が大きく影響していることは間違いないと思います。

食生活の変化や睡眠スタイルの変化などのほか、子どもを取り巻く学校や家庭、社会全体が子どもに多くのストレスを与えてしまっているという事実があります。

今の小学生はとても忙しいようです。

多くの子が追い立てられるような日々を送っています。「もう少しゆっくりしたい」…小学校低学年でもう、そう感じているのです。

また、子ども同士の関わり合いの駆け引きを学ぶような「放課後のフリーなコミュニティ」も減っています。

加えて「よい子でいよう」とするストレス、親からの期待のプレッシャー…など、現代の子どもたちの心はいっぱいいっぱいです。

親が心に留めておきたいこと

こういった環境の中で子どもたちの「キレ」が増えていることはある意味不思議ではないかもしれませんが、同時に、見過ごしてはならない大きな課題でもあります。

社会の仕組みを一個人が変えることは難しいですが、親としてできることがあるなら取り組みたいですよね。

精神的な面で心に留めてほしいポイントを3つ挙げます。

①干渉

子育ての最終目標はその子どもが自立して自分の人生を生きていくことです。

そこを目指して、少しずつ親の手から離れていけるようにしなければなりません。

干渉し過ぎてその子の決断、選択などの機会を奪わないようにしましょう。

成長の段階に合わせて、親が手をかけるところを少なくしていくようにね!

②期待

子どもは誰でも無意識のうちに親の期待に応えたいと思っています。

適度なものは頑張る力になりますが、期待しすぎるとそれが重荷となり、子どもの心が押しつぶされます。

また、期待通りにならない時に子どもに対してイライラしてしまうというよくない面もあります。

親がイライラすれば、子もイライラします。

③否定

アドバイスのつもりで「こうしたら?ああしたら?」という言葉をかけても、「否定された」と受け取ってしまいがちです。

「期待」「干渉」とも通じますが、「こうなってほしい」と思うあまり「それじゃダメ」「今のままじゃダメ」というメッセージを発していませんか?

子どものヤル気がそがれ、自信をなくしてしまいます。

自信のなさが暴力や暴言になって現れることも多くあります。

中間反抗期の時期の子どもが、最近イライラしているようだったらまずこの3つをチェックしてみてください。

もちろん、美味しいご飯や睡眠の状況、家庭の雰囲気は言わずもがな、ですよ!

4歳児のパステル画。

ステキでしょ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。