「ぐずぐず」を叱る?放っておく?★攻撃的な子どもにさせないための心得

朝の忙しい時にぐずぐず、肝心な時にぐずぐず、うまくいきそうだったのにぐずぐず・・・。

乳幼児にはつきものの「ぐずぐず」「べたべた」。親としては困ってしまい、イライラもつのりやすい子どもの反応です。

これに対してどんな対応をしていますか?

乳幼児のころに対応を間違えないようにしておくと、それ以降の子どもの感情コントロールの力が変わってきます。

「ぐずぐず」への親の対応パターン

親の対応は主に以下の4つくらいでしょうか。

①「わがまま」だから「叱る」

②「ぐずぐず」が続かないように子どものいうことを聞く

③何をしても無駄なので放っておく

④だっこして気持ちを収める

特に3歳までの子どもにはどんな対応がいいのか、少し解説しますね。

身体感覚と感情を統合させる

「ぐずぐず」は子どもの心の中がぐちゃぐちゃになっている状態ですが、乳幼児は「心の中のモヤモヤ」「ぐちゃぐちゃ」をまだ自分でコントロールできません。

グズグズ・イヤイヤ・モヤモヤという不快な感情は、子どもが不安や危険に支配されている時に出てきます。

不快な感情が身体中を巡り何が何やらわからない状態になっているのです。

ここで周りの大人が「いやだったね」「さみしかったね」「くやしかったね」と言語化してやることで こどもは「あ~、このモヤモヤした変な感じは【くやしい】という【気持ち】なんだ」と次第に理解していきます。

さらに、言語化と同時に身体にやさしく触れられたり、抱きしめてもらったりすると安心が得られます。

このような、「不安や危険の中にあっても、安全でいられる」という経験を積み重ねていくと、だんだんと自分で自分の感情をコントロールできるようになっていくのです。

ところが、乳幼児の頃、不安な状態のとき「叱る」「放っておく」などの不適切な対応をされると、「安心を与えてもらえる経験」が不足し、危険や不安から身を守るために攻撃的になってしまいます。

「自分で自分を守るらなければならない」からです。

だれも助けてはくれないから、一人で戦うのです。

(*あるいは、誰にも心を開かずに一人の世界にこもってしまうというような場合もあります。(fight-or-flight response))

安心感チャージの期間

3・4歳くらいまでに「安心感チャージ」がきちんとなされると、5歳6歳くらいにはモヤモヤしたりグズグズしたい時があっても、自分で自分の感情をそれなりにおさめることができるようになっていきます。

そしてさらに小学校へと進んだ時に、複雑な集団社会の中でスムーズな人間関係を築いていけるようになるのです。

年長~小学校低学年になっても感情の起伏が激しく乱暴で攻撃的な子どもは、もしかすると、乳幼児の頃に与えられるべきだった「安心感」が不足しているのかもしれません。

乱暴で手の付けられない小学生・中学生・・・。心の奥で「誰か俺をたすけて!」と叫んでいるのだとしたら、ほんとうにかわいそうなことだと思います。

ひとりで戦わなくてもいいんだよ。私が味方だよ。安心して。そう言ってあげられる大人がそばにいてくれたら、彼らも変われるのかもしれませんね。

彼らにも「安心感チャージ」がきっと必要なのです。

話が少しそれましたが、

乳幼児期の「ぐずぐず」は叱らず、放っておかず、ぜひ寄り添ってあげてください。「安心感」をたっぷりチャージしましょう。

4・5歳の子どもでなかなか感情コントロールが難しい場合も、同じように「安心感」を与える接し方をしていくことで、だんだんと年相応の感情コントロールができるようになっていきます。

「もう〇歳なんだから、その【ぐずぐず】はないでしょ!」と叱らず、しばらく「安心感」チャージを心がけてみてください。

乳幼児期から安心感も与えているし、チャージもやってみたし、他に何も思い当たることがないのに、キレやすい、乱暴、攻撃的、衝動的…などという場合は、発達障害ということも考えられますので、思い悩まずに先生や保健所などに相談をするといいでしょう。

私のところにメッセージをいただいても構いません。

子どもたちが健やかに育ち、その子たちが大人になったら、この世の中はやさしい社会・ステキな社会になっているだろうなぁと思うのです。

ぽかぽか・あったか・はっぴぃハートの世界になりますように!

***************************

②の【ぐずぐず】言わせないように言うことを聞く、についてはまた日を改めて書かせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。