8割減らせばもっと伝わる★子どもへの「指示」の言葉

一生懸命なお母さんほど、子どもに良くなってもらおうとたくさんの「指示」「注意」「アドバイス」をしています。

ところが、子どもって、あんまり聞いてないんですよね~。

その要因は ズバリ!・・・「聞きたくないから」!

何故聞きたくないかと言えば、

うるさいから、否定されるから、楽しいことをやめさせられるから。

親の言葉を気にかけなくなるのは?

お母さんの注意がエンドレスで流れると、もはやそれはBGMです。

聞くとか聞かないとかじゃなくて、いつもあるもの、特に気にかけて聞く必要のないものになってしまうんですね。

こういう環境で育つと、ガヤガヤ・ガチャガチャ・ワンワンが当たり前になっているので、本当に大切な注意喚起に振り向くことができなかったりします。

一日中注意しっぱなしで疲れるわぁ~、でも、子どもは言うこと聞かないし~…と言う方は、一度、子どもとのやり取りを録音してみてください。

「うっわ!うるさっ!!」と感じるはずです。

言いたいことを半分にしてみる

うるさい親のいうことなんて聞きたかありませんわ。

聞いてもらう親になるためにはまず、ことば数を減らすことから。

言いたい!と思ったら、半分は言わないでおいてみてください。

言っても言わなくても別に変らないんだ…と言うのを経験できますよ。

シンプルに伝える

それでも、きっちり言わなくちゃいけないことは必ずありますよね。

その場合は、あーだこーだごちゃごちゃ言わずにワンセンテンスで言ってみましょう。

「あ~、もう、くつが~、ちょっと~、くつを揃えてよ、玄関では~、やだ~、ほら~、ほんとに、ねぇ、もう!、きいてる!?」

↑これで伝わると思う?

コレ、約40音ね。

「靴を脱いだらそろえてね」

はい、これ、12音!

伝わりやすい声のトーン

子どもがキャッキャ、ザワザワ、ガチャガチャしているときは、同じような高いトーンで言ってもあまり聞いてもらえません。

ワントーン落として、そして、子どもが騒いでいればいるほどその気持ちのスピードに反比例するようにゆっくりと言うことが大切です。

こどもがキ~ッとなっているところへこちらもキ~ッとぶつかっていくと、氷山にぶつかるタイタニック。…沈没します。

***************************

言葉数が多ければ聞かれにくいし、こちらもエネルギーを無駄に消耗します。

言いたいことを半分に減らし、さらにシンプルなセンテンスにすると、いままでの8割減でいけると思います。

その方が断然伝わる!という経験をぜひしてみてほしいです。

お試しあれ!

かわいい草の実みつけたよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。