葬儀に紅白の水引き!*常識か!?非常識か!?

夫の父が天に召されました。

義父に繋がる人々と共に、心を込めてお見送りすることができました。

今回の葬儀でとても驚いたのが、紅白水引きの袋を持ってきた方がいたことです。

え?弔事に紅白⁉︎

表書きは「お見舞い」

ネットで調べてみましたら、「あり得ない」「はらわたが煮えくりかえった」「絶句した」…との反応が多数ありましたが、なんとそれが常識の地域があるようなのです。

茨城や長野の一部の地方、北陸?などにある風習らしいです。

その心とは?

①生前にお見舞いに行きたかったが行けなかったのでその気持ち

②家族が亡くなり、その心中を思いやる見舞いの気持ち

だそうです。

へえ〜〜〜!!

弔事に紅白なんて非常識!と思えば腹も立ちますが、

そういう思いやりの心が込められていると知れば、ありがたい思いになりますね。

怒りがわくか わかないかは、そこへの意味づけで変わるのです。

自分の常識や「べき論」だけで一刀両断するのでなく、幅の広い捉え方をしていくことが大切です。

怒りの取り扱いを上手にしていきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。