子どもにつけさせたい「夢中力」

昨日、勤務園で「シンガポールデイ」を開催しました。

園児のお友達で現在シンガポールに在住の御家族をゲストに迎え、シンガポール式のチキンライスや英語の手遊び・ジャンケンなどを教えていただきました。

園児はシンガポールの国旗デザインのランチョンマットを作りましたが、その過程で「シンガポールの旗は赤と白でできている!」「星が5個ついている」などいろいろなことを発見していました。

ゲストが「星のひとつひとつに意味がある」ことも教えてくださり、楽しみながら知識を深めることができました。

私も、シンガポールについて実はあまり知らないのでいろいろ調べてみました。

その中で一番心にヒットしたのが、恥ずかしながら「ボボチャチャ」というスイーツです。

作ってみたい!!

やりたいスイッチON!

ボボチャチャとは 「ボボ」は「お粥」、「チャチャ」は「たくさん」で、「具だくさんのお粥」が本来の意味らしいですが、実際は具がたくさん入ったおしるこのようなデザート。

ココナッツミルクのの中にイモ類・豆類・タピオカなどが入っています。

ボボチャチャ作りのことで頭がいっぱいになり、時を忘れて集中して夢中で調べまくりました。

作るならおいしいほうがいいので、かぼちゃとサツマイモは蒸し器でじっくり蒸してホクホク感と甘さを引き出!。

豆は最近スーパーなどで手軽に手に入る蒸し豆ミックスと蒸し大豆を利用。

タピオカは、台湾土産にもらったナマのものを圧力鍋で煮てみましたが、若干長く加熱しすぎたのか、球状が消えて全部つながり、ボコボコした板状になってしまいました。

でも、捨てない!

冷やしてからこれをダイス状に切ったら、求肥よりも弾力のあるおいしい餅みたいになりました。このダイスタピオカと普通に成功した丸いタピオカ両方を使いました。

(このダイスタピオカが皮肉なことにとても好評!)

全てをココナッツミルクの中に投入すればもう完成です。

本場のレシピより、甘さは半分にしました。

ひじょ~~~においしく出来上がり、我ながら大満足です。(大きなガラスボールいっぱいに作ったのですが、写真撮り忘れました…)

この日学んだのは、「出会い」や「機会」によって「興味」が引き出されると、「やる気」が現れ、「失敗」があっても「工夫」「発想の転換」ができ、その先には「知識」がその人の中に蓄えられる…ということです。

園児たちもこの日の終わりには、他の国の国旗や言葉、食べ物に興味を持って自分から絵本などを選んで見ていました。

興味を持てるものに出会うことは子どもの心の成長だけでなく、知識を得させるのにもとてもいいのですね。

子どもを取り巻く大人たちは、子どもが夢中になれるもの・心にヒットするものと出会えるようなきっかけをたくさん作ってやれるといいですね。

まずは広くさまざまなものを見せたり聞かせたりやらせたりし、子どもの傾向を探ってみてはどうでしょうか。

それからだんだん子どもが興味を持つものに絞っていって、それを深めていく。

ただ、親が「これに興味を持ってほしいな」と思っても子どもはそれほどでないという場合もあります。

大人の願望で無理強いするのではなくて、その子目線で考えられるといいですね。

夢中になれることに出会うと、人はがんばれる!、そう思います。

子ども一人一人がそれぞれの夢中力を発揮できるようになっていったら素敵ですね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。