周期的な「すべて投げ出したい病」

何年かに一回の周期でやってくる「何もかもイヤ病」「すべて投げ出したい病」

何年か前のブログで「ダークサイドに堕ちていた」と書いてたヤツです。

(20161月「ダークサイドからの帰還」)

約4年前か。

私だけなんでしょうか?一般的にあるものなんでしょうか?

3〜4年に一回来ます……。

私の場合を紹介してみようと思います。

★状態

とにかく涙が出ます。

歌を聴いていても、誰かの優しい言葉にも、TVの画像にも、何にもしてなくても、涙が出ます。

悲しいというか、辛いというか、しんどいというか、なんだかわからないけど、モヤモヤして泣けてきます。

ネガティブな感情がポジティブ感情を上回って負けそうになります。

★きっかけ

今回は「溜まっていた古新聞を年内に片付けようと資源回収に持っていったら、年内の営業が昨日で終わっていた」という出来事です。

まぁ、ショックはショックですが、何もかもイヤになるほどの出来事ではないはず。

こんなことくらいで何もかもイヤになるはずがない。

…で、思い返してみると、

*この1、2か月、忙しかった。自分の力ではどうしようもできないツライ出来事があった。

*年内の仕事が終わり、ホッとひと息ついた。

という2つの要因が関係してるのかな、と思います。

それで、やらなくてはならないこと(特に家事)が滞ってしまい、溜まった家事とともにネガティブな思いも少しずつ積もってしまいました。

階段のホコリ、回収に出してない段ボール、牛乳パック、ペットボトル、しばらく洗浄してない洗濯槽、駐車場の隅に溜まってる枯れ葉、一週間持っていってない施設の母の着替え、野菜室の隅の変な野菜、整理されてない冷蔵庫の中、買ったまま植えてない花の苗、いい加減な食卓、夫の弁当作りを連続パス、風を通してない無人の義父の家……。

あぁ〜〜、もうダメだ!いっぱいいっぱい!できない!

ダメダメじゃん、自分。

(こういう思考は、幼少期に自己肯定感の低い人がなりやすいですね)

そこに持ってきて、GSに灯油を買いに行った日が激寒で木枯らしビュービューで泣きたくなるし、

ご飯炊こうと思ったら米、切れてるし、

物置のドア開けたら、棚が落ちてくるし。

こういうの、踏んだり蹴ったりっていうんでしょうか。

ただ、私の場合は、こういう状況になっても、どこかからもう1人の自分が冷静に見てて、

「お〜ぅ、久々に来たね、ソレ。ま、しばらくの辛抱だ。大丈夫、大丈夫」ってささやいているので、

こっちの自分は哀しくて辛くて七転八倒の気分なんだけど、どっかでは安心な部分もあるのです。

この状況の時は、身近にいる人(夫)を責めたり、怒りをぶつけたりしてしまいがちなので、気をつけなくてはな、とも思っています。

どのように回復していくのか??そのうちリポートできるといいな。

コレ、知人の娘さんの消しゴムハンコ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。