親の死にどう関わるか?★延命治療、する?しない?

義父が天に召され、もう少しでひと月になろうとしています。

まだいろいろな手続きが残る中、ふと、生前の何気ない会話や笑顔がよみがえってきて、急に悲しくなることがあります。

あぁ、もうお父さん、ここにはいないんだなぁ…と思うと、なんとも言えない寂しさを覚えます。

それは、

ご飯の支度をしている時だったり、

雨戸を閉めている時だったり、

夜布団に入った時だったり、

…突然やってくるので驚きます。

*******

義父の旅立ちに際して、私たち家族は延命治療をしない選択をしていました。

延命治療とは、終末期において命を少しでも伸ばすためになんらかの医学的処置をすること。

私自身が20年前に乳がんの切除手術を受けるときに、延命治療はなし、と希望していました。

17年前に父を送った時も然り。

今度の義父の時も当たり前のようにそう考えていました。

私たち夫婦にとって、死とはやがて誰もが迎えるごく当たり前の道。

命は神様から与えられたものであり、いつか神様の元に帰る自然な人の営みだと捉えています。

もちろん、生きていて共に過ごし会話をしふれあえる喜びが、死によって絶たれてしまう寂しさはあります。

けれども、終わりは必ずくるのです。

終わりの時を自然な形で迎えたい、というのが願いです。

*******

私たちは夫婦で同じ見解でしたからスムーズでしたが、これが夫婦や兄弟、孫たちで違っていたら大変なのでしょうね。

知人は、家族でまっぷたつに意見が分かれてしまい悩んでいました。

当の本人は延命なしを望んでいるが、どんなことをしてでも1分でも1秒でも生きながらえてほしいと願う人もいます。

一方で、それは遺されるものたちのエゴだと考える人もいます。

その考えを「薄情だ」と感じる人もいます。

人それぞれなのです。

では、どうしたらいいか?

それこそその家族家族で出す答えは違うでしょう。

「死」はまだまだ日本人にとってタブーの色合いが濃いかもしれませんが、日頃から、そう、そういう状況になってからでなく、普段から家族でそのことについて互いの考えを交換しておくのが良いのかなと思います。

茶香炉にはまってます!

パーソナルカラー診断★素材を活かして輝く!

気になっていた「パーソナルカラー」。

ようやく「診断」を受けてきました。

生まれ持った肌の色、髪の色、眼の色、唇や頰の色…それらを踏まえて、それを生き生きとさせる「色」を教えていただきました。

私は幼い頃はオレンジ色が大好きで、持ち物をオレンジで揃えたりしていました。

高校を卒業してメイクを始めた時、大好きなオレンジ色を唇に塗ったら

「え⁉︎」

となりました。

なんなんだ⁉︎この似合わなさ!

真っ赤じゃないのに、何故か人を食ったような口元に…。

鮮やかすぎるオレンジだったのか?と、落ち着いたオレンジにしてみたら、ぼーーっとぼやけた生気の無い表情に…。

それ以来、私のオレンジ色離れが始まりました。

それまで「なに、その甘っちょろい色!」とバカにしていた(?)ピンクを身につけてみたら、なんだかしっくり。

以来、ルージュもチークもローズピンク系。

スキーウェアも鮮やかなマゼンタ。

今回の診断のお教室にもオーキッドピンクのセーターで乗り込んだのです!

こ、これでピンクがNGだったら…?

先生は、私の好きなショッキングピンクの布からスタートしてくださいました。

いろいろ当てていくと、顔の色や輪郭が変わって見えるのがわかりました。

いちばん生き生き見えたのはピンクの中でもオーキッドピンクでした。

「完全なピンクの方ですね」

やっぱり間違ってなかったんだ!

オレンジ系は、どれも顔色が黄色がかって見え、シミも目立ってしまいました。

ほかの色もいろいろ当てましたが、私は濁った色は似合わないようです。

鮮やか過ぎずパウダリーな感じ?

しっとりした雨に濡れるアジサイの色を思い浮かべるといいらしいです。

こんな青も似合うそうです。

これからの色選び、楽しくなりそうです。

もともと持っている素材を活かすというのはとても大事ですね。

お料理も、素材の風味を消さない味付けや、さらに旨味が増す組み合わせなどがあります。

苦味やえぐみも、活かせば他には真似のできない特性のある味となります。

私たちは一人一人違った個性・特性を持っています。

「○○じゃなくて残念」

「○○だったら良かったのに…」

と後ろ向きにとらえるのでなく、与えられたものに感謝してどんどん活用していきたいですね。

私は小さい頃から背がとても高いのがいやでした。

でも今は、高くてもいい、むしろ高さを「ステキ」に見せればいい、と考えるようになりました。

髪の毛は天然パーマ。起き抜けはガス爆発後のようです。なんとか人前に出られるように整えるのはひと苦労ですが、このウネウネは私の顔には合っているのだと思います。

歯並びはガチャガチャ。歯列矯正しないでここまできてしまったから、もう、これでいっちゃおうかと思います。

あるものを上手く使う!そして輝く!

今年のテーマです❣️

この濃い〜ピンクは大好きな色ですが、わたしには少し強すぎるらしいです。

でも、似合わないわけじゃないから着ちゃう!

元気な気持ちになれるから〜❤︎

泡ハンドソープ好きですか?★こだわりは怒りをまねくこともある!

自分の「こだわり」を見つける

私はあまりこだわらないタイプ…と思っているのですが本当かどうかはわかりません。

というのも「私ってあんまりこだわらないんだ〜〜」と言っている人でも、他人から見ると変なとこにこだわってたりする例がたくさんあるからです。

「こだわり」って、自分にとっては当たり前になってることが多いので、こだわってることに気づかなかったりするのです。

でも、こだわりが強くなりすぎることで生きづらくなることもあるので気をつけないといけません。

なので、私は時々「自分のこだわり見つけ」をします。

液体ハンドソープがいい!

職場で手を洗おうとしたらハンドソープが泡タイプでした。

キライってわけではなく、まぁ普通に使いますけど、自分のうちで使うなら断然液体タイプです!

くれるって言っても、泡タイプならもらいません。

フワフワ頼りなげで、洗った気がしない!…というのが使わない理由です。

洗浄力がどうのとか、利便性がどうのとか、そういったことは全く関係なく、まぁ、ただの好みですね☻

固形石鹸も選択肢に入れたら液体〉固形〉泡、です!

こだわりは怒りのタネになることも

こだわりは「この方が好き。でも、そうじゃなくても大丈夫」ならいいのですが、「こうでなければダメ」という思いがあまりにも強い場合は怒りの引き金になることがあります。

「怒り」は自分の大切な領域を侵されると発動します。

「強いこだわり」は「自分が安心できる枠」ですから、これが崩れそうになると怒ってしまうのです。

朝に必ずヨーグルトを食べる、というこだわりがあったとします。

ゆるいこだわりであれば、ヨーグルトが切れていても「まぁしょうがないか」と済ませられますが、

強いこだわりの場合は「落ち込みが激しい」「イライラする」「居ても立っても居られない」「切れていることに怒りが湧く」、となるのです。

子育ての中で、日常生活の中で、人間関係の中で、自分にどんなこだわりがあるのか時々客観的に見つめ直して見るといいですね。

無くて七癖といいますが、こだわりも無い無いと言っても誰にでも多かれ少なかれあるものです。

見つけてみるとおもしろいですよ。

そして客観的に「私にはこういうこだわりがるんだなー」とわかっておくといいと思います。

ぜひやってみてくださいね!

ホットケーキみたいなキノコ。

私はパンケーキはしっかり焼いてあるのが好きです。

半熟みたいなフワッフワのはどうも…。