泡ハンドソープ好きですか?★こだわりは怒りをまねくこともある!

自分の「こだわり」を見つける

私はあまりこだわらないタイプ…と思っているのですが本当かどうかはわかりません。

というのも「私ってあんまりこだわらないんだ〜〜」と言っている人でも、他人から見ると変なとこにこだわってたりする例がたくさんあるからです。

「こだわり」って、自分にとっては当たり前になってることが多いので、こだわってることに気づかなかったりするのです。

でも、こだわりが強くなりすぎることで生きづらくなることもあるので気をつけないといけません。

なので、私は時々「自分のこだわり見つけ」をします。

液体ハンドソープがいい!

職場で手を洗おうとしたらハンドソープが泡タイプでした。

キライってわけではなく、まぁ普通に使いますけど、自分のうちで使うなら断然液体タイプです!

くれるって言っても、泡タイプならもらいません。

フワフワ頼りなげで、洗った気がしない!…というのが使わない理由です。

洗浄力がどうのとか、利便性がどうのとか、そういったことは全く関係なく、まぁ、ただの好みですね☻

固形石鹸も選択肢に入れたら液体〉固形〉泡、です!

こだわりは怒りのタネになることも

こだわりは「この方が好き。でも、そうじゃなくても大丈夫」ならいいのですが、「こうでなければダメ」という思いがあまりにも強い場合は怒りの引き金になることがあります。

「怒り」は自分の大切な領域を侵されると発動します。

「強いこだわり」は「自分が安心できる枠」ですから、これが崩れそうになると怒ってしまうのです。

朝に必ずヨーグルトを食べる、というこだわりがあったとします。

ゆるいこだわりであれば、ヨーグルトが切れていても「まぁしょうがないか」と済ませられますが、

強いこだわりの場合は「落ち込みが激しい」「イライラする」「居ても立っても居られない」「切れていることに怒りが湧く」、となるのです。

子育ての中で、日常生活の中で、人間関係の中で、自分にどんなこだわりがあるのか時々客観的に見つめ直して見るといいですね。

無くて七癖といいますが、こだわりも無い無いと言っても誰にでも多かれ少なかれあるものです。

見つけてみるとおもしろいですよ。

そして客観的に「私にはこういうこだわりがるんだなー」とわかっておくといいと思います。

ぜひやってみてくださいね!

ホットケーキみたいなキノコ。

私はパンケーキはしっかり焼いてあるのが好きです。

半熟みたいなフワッフワのはどうも…。