人の怒りに翻弄された思い出★体調不良の子どもがタクシー内で吐いた!

昨日の朝、ふと、フラッシュバックした昔のある出来事。

体調不良だった1歳の息子が、タクシーの中で嘔吐してしまった時のことです。

少しシートも汚してしまいました。

気づいた女性ドライバーが

「ちょっと❗️どうしてくれんのよ!」と激しく怒りました。

タオルやウェットティッシュで拭こうとするも

「あー、あー、拭かないでよっ!広がるでしょ!もうっ!」

謝罪しても彼女の怒りは収まりません。

当時まだ20代の若いママで、しかもアンガーマネジメントも知らなかった私は、彼女の怒りに翻弄されて感情がかき乱され、ボロボロと泣きました。

3歳の娘もおびえ、体調不良の息子もぐったり。

「クリーニング代をお支払いします。おいくら払えば良いでしょうか」

というと、彼女は

「そんなの自分で考えなさいよ!」

そんな時の相場なんて全く知らなかった私は、確か手持ちの3000〜4000円くらいをお渡ししたんだと思います。

まぁ、とにかく、20数年間経つ今でも胸が苦しくなる出来事です。

あの頃より少しは世の中のことがわかってきて、しかもアンガーマネジメントを知った今なら、もうすこし上手な対応ができたんじゃないかと思います。

いや、「対応」というより、あんなに傷つかなくて済んだと思うのです。

要は、ひどく傷ついたから今でも辛い思いでとして蘇るわけです。

でも、

「いるよねー、こういう怒り方する人」

「ドライバーさんも、いっぱいいっぱいなのねー」

「無理もないよね、商売道具汚されたんだから」

「彼女の第一次感情はなにかなぁ」

とか、そんな風に冷静に受け止められたら、きっとダメージは少なかったはずです。

その人の感情はその人のもの。別の人がそれに振り回される必要はありません。

こちらの非は非として認め、謝罪や責任は果たしますが、心の部分にまで相手の侵入をゆるさなくていいんです。

アンガーマネジメントは自分の心を守るためにも役に立つものだと、改めて感じています。

********

あのドライバーさん、どうしてるかな〜。

アンガーマネジメントで「無敵」になれる⁉︎

土曜日は 日本アンガーマネジメント協会の年に一度のカンファレンスでした。

安藤代表理事の基調講演に続いて戸田理事の「企業におけるアンガーマネジメント」、長縄理事の「DVとアンガーマネジメント」と、3理事のお話をまとめて聞ける貴重な機会でした。

安藤代表が「アンガーマネジメントをやっていて良かったことは、自分の許容範囲が広がったこと」だとおっしゃいました。

許容範囲が広がるということは、いろんな価値観の人を受け入れられるということ。

自分と違う考え方・やり方の人に対してイライラしたり、意見したり、敵対したりしない…それはつまり「敵がいなくなること」=「無敵」になることなのだと!

無敵!

ゲームではマイキャラが無敵になると、キラッキラ光って相手からいっくら攻撃されても全くダメージを受けません。

無敵になった瞬間に、一気にスピードアップしてじゃんじゃん進んでいけちゃうんですよ!

アンガーマネジメントができるようになると、自分が怒りにくい体質になっていくだけでなく、怒りをぶつけられた時にも過剰に反応しすぎずに上手にやり過ごすことができるようになります。

ムダな感情に振り回されず、しっかりと自分の進む方向へ向かっていけます。

まさにムテキ!

ムテキ、ステキ❣️

さらに励みたいと思いました!

ファシリテーター仲間のよっしーさんが撮ってくれました。

よっしーさん、ありがとう😊

毎日ガミガミ、疲れ果てていた…でも!

都内の小学校の家庭教育学級でお話をさせていただきました。

昨年も11月に呼んでいただき、「とてもよかったのでpart2を!」というお招きでした。

これまでにアンガ―マネジメントのお話を聞いたことにある方も、初めての方もわかるような内容ということで、今回は特に

「怒ろうと決めたことをどう伝えるか?」ということ、「子どもとのかかわり方の具体例」、そして最後のおまけで「怒らない体操」をちょこっとだけお伝えしました。

ネット上には書けない赤裸々なエピソードもお聞きいただきました。

★ご感想を聞かせていただいてうれしかったのは、「昨年も参加し、怒りの温度を測るのをこの一年間実践したら家庭が平和になった」というお声。

アンガ―マネジメントはトレーニングなので、とにかく「続ける」ことが肝要。コツコツ続けた結果を実感していただいて本当にうれしいです。

★同じく昨年も参加し実践していたが、途中でやらなくなってしまったという方も。でも、今回再度参加して改めて思いだしやってみようと思った!とおっしゃっていました。

これもうれしいです!

トレーニングには「三日坊主」や「リバウンド」はつきもの。でも、また気を取り直して取り組めば前進はできるんです。

★初めて参加された方も、「やってみようと思う」という方がほとんどで、これもまたうれしい!心がやわらかい!

自分に合うか合わないか、できるかできないか、やってみなきゃわかりませんからね。

★そして、アンケートの中には「毎日怒って疲れ果てていた…」という方が複数いらっしゃいました。しかし、今回の研修に出て「先生の言葉がバシバシ心に響きました」と言っていただき、涙が出そうです。

子育てって本当に大変なんですよね。

ママさんたち(もちろんパパも)、本当によくがんばっていらっしゃる!

苦しくなり辛くなり投げ出したいこともたくさんあると思いますが、それでも投げ出すわけにはいきません。

そんなママたちが少しでも笑顔になれたら、楽になれたらうれしいです。

今回のお話からひとつでもふたつでもヒントを得て実践していただけますように!

そうそう、アンケートの中に「part3」もお願いします、期待してます!と言ってくださる方がたくさんいて、更にうれしくなりました~。

呼ばれたらもちろん、行っちゃいますよ~。

姿勢がいいと基礎代謝が上がる★何歳からでも間に合います

娘(アラサー)から、うれしい報告が!

「背筋が伸びててステキですね。何かやってらっしゃるんですか?って聞かれちゃった!」

私も娘も昔っから背が高く、それがコンプレックスとなって猫背人生まっしぐらの母娘でした。

しかーし、私が怒らない体操に出会った1年5ヶ月前から、我ら母娘はほぼ毎日「仙骨立て」を欠かしません。

「仙骨立て」とは「怒らない体操」の準備体操であり、骨盤の位置を整えるものです。

基礎代謝アップ

私もここ一年余りの間に、お会いするたくさんの方から「姿勢がいいですね」「背筋が伸びてますね」「おきれいですね」と言っていただくことがたくさんありました。

はじめの頃は筋肉が良い姿勢に慣れていないせいで、それを保つのに「意識」と「意思」が必要でしたが、今は無意識でいても自然と背筋が伸びているようになりました。

私の体内年齢は、実年齢のマイナス15歳。

これは、姿勢のおかげかなと思っていろいろ調べてみたら、やっぱりそうでした。

姿勢が良くなるだけで基礎代謝量は上がるのです。

姿勢が良くなると骨格・筋肉・内臓があるべきところにあるようになり、本来の働きをしっかりするようになるかららしいです。

良い姿勢とは?

以前に通っていた整体の先生から「姿勢良くしようとしないでください」と言われたことがありました。

私があまりにも猫背だったため、姿勢を良くしようとすると、し過ぎて変な筋肉を使ってしまうからだそうです。

たしかに、姿勢を良くしようとすると反り返ってしまったりすることがありますね。

仙骨を立てる時に私が特に意識するのは

くるぶし

へそ

頭のてっぺん

横から見た時にこれらが一直線になるようにします。

そして、あばら骨とあばら骨の間を伸ばす、へそは縦に開く、頭のてっぺんから糸が出ていて吊り下げられてる、そんなイメージです。

座る時はおしりのお肉のところで座るのでなく、脚とおしりの境目にあるグリグリした骨のところで座ります。

(これ、坐骨って言います。)

女性の方は椅子の座面で膣をふさぐイメージだと思います。

姿勢が良くなるとインナーマッスルも鍛えられるそうです。

筋肉量が増え、血流も良くなるので低体温や肩こりなども改善されやすいとのこと。

体調がよければイライラしにくくもなります。

いいことづくめの「美姿勢」

50代半ばで始めてこの効果ですから、若いみなさんは更にでしょうね。

今からでも間に合います。

美姿勢を意識してみませんか?

今日持って行く体操着が乾いてない!★朝のイライラを無くす工夫

今日、朝、日曜日なのに小学生が登校班で登校していました。

運動会のようです。

今朝の連想。

運動会から体操着、体操着から朝のイライラ。

体操着を持って行く日の朝に「乾いてなーーい!」

と、バタバタしてドライヤーで乾かしてたのを思い出したのです。

その度にイライラして、洗濯が遅くなった自分や使用後にすぐ出さない子どもを責めていました。

今思えば、解決法は簡単。

もう1、2枚体操着を買い足せばよかったのです。

でも不思議なことにその頃、そういう考えが浮かびませんでした。

それは、アンガーマネジメント を知らなかったから。

イライラの原因を突き止め、今できる現実的な方法を探す

アンガーマネジメント ではイライラ事項に対して

「自分の力で変えられること」「自分の力では変えられないこと」の2つに振り分けるということをします。

ただイライラしているのではなく、まず、変えられるか変えられないか考えてみる。

これ大事です。

そして変えられる事柄に関しては、何をどう変えるか?変えるために自分は何をするか?具体的にどうするか?

自分にとっても周りにとっても健康的かつ長期的な視点で考えていきます。

あの頃の私がこのアンガーマネジメント を知っていたら、もう、即解決!ですわ。

アンガーマネジメント の先輩のKさんの例も紹介します。

Kさんも朝のバタバタでいつもイライラしていました。

時間がないのです。

何に1番時間を取られるか探ったら、朝食の支度であることがわかりました。結局、朝食のヨーグルトにフルーツを入れるのをやめたそうです。

それまでは、朝食はバランスよくしっかり食べる「べき」とがんばっていたのですが、支度を簡易化して時間に余裕が生まれたことでこころ穏やかになったそうです。

その方がよっぽど健康的ですよね。

あなたの最近のあのイライラも、もしかしたらこの方法で変えられるかもしれませんよ。

原因は何か?

変えられることはないか?

こだわっていることはないか?

ちょっと考えてみるといいですね!

高山右近研究家の方の講演用の字を書かせていただきました。

多発テロとアンガーマネジメント ★その子育てのイライラ、不安から来ていませんか?

2001年の9.11から17年経ちました。

この同時多発テロがきっかけとなってアメリカにアンガ―マネジメントが広く普及したことは、あまり知られていないかもしれません。

アンガーマネジメント は1970年代にアメリカで始まった心理トレーニングですが、もともとはDVやマイノリティのメンタルヘルスプログラムから発展したという説が有力です。

それが急速に普及したきっかけが同時多発テロなのです。

怒りの元になる不安感情

大きな衝撃と社会不安を与えた9.11。

あまりにも大きな出来事だったため、通常の不安コントロールのカウンセリング以上のものが求められ、アンガ―マネジメントが注目されました。

アンガ―マネジメントでは「怒りは第二次感情」と呼ばれていて、怒りの発生の前には「不安」や「悲しみ」「さみしさ」「つらさ」といったマイナスの感情(第一次感情)が存在していると考えています。

マイナス感情がたくさんたまっていると、何かささいなことがきっかけとなって怒りの感情が噴き出します。

不安は怒りを生む元になるのですね。

そういうわけで、大きな社会不安を抱えた多くの人々がアンガ―マネジメントに助けを求めたのです。

子育てのイライラは不安から?

これを子育てに置き換えてみると、子どもにイライラする元になっているのは子供の将来への「不安」であることが多いと思いませんか?

*勉強しない⇒受験がうまくいかないのでは?行きたい学校に進めないのでは?

*箸の使い方がじょうずでない⇒人にバカにされるのではないか?

*食べ物の好き嫌いが多い⇒栄養が偏るのでは?わがままになるのでは?

親は子どもを心配するあまり、「○○でなければいつか困ったことになる」と極端に考えてしまい、「○○でない子ども」に対して腹が立ってしまうのです。

私も今、子育て時代を振り返ってみるとそんな不安からイライラしてしまったことがたくさんあったなぁと感じます。

そして、その時の不安が「やっぱりその通りになった」・・・というようなものはあまりなかったということも思います。

いわゆる取り越し苦労。

不安が的中する確率はそれほど高くないのです。

低い確率のために家庭内が殺伐として子どもとの関係が悪くなるより、気に留めないでいた方が幸せかもしれません。

もし望ましくない状況になってしまった時でも、それまでに育んだ親子のきずなで心と力を合わせてきっと乗り越えていくことができると思うのです。

「○○でなければ△△になってしまう」~~という強い思い込み・偏った思い込みが自分と子どもを苦しめていないか、今一度考えてみるといいですね。

3歳児の水彩画!

なんだかバタバタ過ぎた夏…生活に充実感を持つにはどうしたらいいの?★サクセスログ

夏の終わりをどう感じる?

夏休みももうすぐ終わりますね。

みなさま、どんな風に過ごされましたか?

私は教員の友達が多いのですが、夏休みは普段に比べるとやはり少し余裕を持てるのが良いところです。

私も休み前に列挙しておいた「この夏のやりたいこと」を8割方達成しました!

東武線特急リバティに乗ること、スターウォーズのスピンオフ「ローグワン」をDVDで観ること、などまだいくつか残っていますが、この夏はもう無理かなぁ…。

でも、充分に充実した夏でした!

「いいなぁ。そんな風に思えない。バタバタの夏だった。暑さがひどかったし、やりたいことはそんなにできなかったし、忙しかったし。」

そんな風に残念な思いでいる方ももしかしたらいるでしょうか?

では、9月からの毎日を充実感溢れて過ごせるヒントを!

「できたこと」を想起する

アンガーマネジメント のテクニックで「サクセスログ」というものがあります。

生活を振り返ってみて「できたこと」を書き出すのです。

とりたてて大きなことでなくてかまいません。

朝ごはんを食べた

仕事に行った

子どもに優しいことばをかけた

ゴミを捨てた

…そんな些細な小さなこと、当たり前のことでいいのです。

自分にとっては当たり前のことであっても、それができない人もいるし、スゴイ!と思われるようなことかもしれません。

これを週ごとにやってみましょう。

きっと自分の自信と充実感につながっていきますよ。

私はこれを毎日やっています。

「できたこと」に限らず、嬉しかったこと、楽しかったこと、感謝すべきことを想起して心に書き留めます。

小さな充実感がたまっていくと、大きな充実感になります。

脳はネガティブな記憶をしやすい

ネガティブバイヤスと言って、悪いことの方が良いことよりも記憶に残りやすいという脳の特性があります。

だから放っておくと振り返ったときに、たくさんの感謝なことがあったことを忘れて「なにもいいことがなかった」「特記事項はない」と勘違いしてしまうのですね。

だから意識して「良いこと」を思い起こし、脳の記憶に定着させるということです。

幸せ感がアップしますよ!

「充実の幸せな秋だった!」と寒くなり始める頃に言えるように、今日から始めてみませんか?

美味しいものを食べると幸せホルモン・オキシトシンがアップ。

私は食べた時を思い起こせるように写真で残すことが多いです。

学校に持っていくぞうきんは買うべき?縫うべき?★あなたの「常識」は通用するのか?

ぞうきんを作って持っていくのは非常識?

我が家では古タオルがたまると小さく切ってウェス(汚れ拭き取り用のボロ布のこと)にしたり、ぞうきんを縫ったりしています。

子どもの学校で使うものもそれを持たせていました。

何十年も自己流で作っていたのですが、昨日ふと思い立って

「古タオル/ぞうきん/作り方」で検索してみました。

作り方はまぁみんな似たり寄ったりでしたが、それとは別にすご〜〜くビックリする記事を見つけたんですよ❗️

あるママさんからの投稿なんですが、ざっくり言うと

「ママ友が子どもに、古タオルで縫ったぞうきんを学校に持たせてたのがわかった。

非常識だと思い、子供がかわいそうだから買ったものを持たせるように忠告したが聞き入れない。

このママ友に非常識だとわからせるにはどうしたらいいか」

という内容なんですよ。

あたしゃ、もう、驚いて驚いて、

「ヒィ〜!私は子どもに平気で持たせていたよ!

非常識なのか?世間ではそうなのか?我が家は非常識だったのか?」

と愕然としました。

私の常識、あなたの非常識

回答がたくさん寄せられており、ひとつひとつ興味深く読みました。

その人その人に「常識」があり、また、それを裏打ちする理由もあります。

「常識」とは⁇⁇と改めて考えさせられました。

自分が「常識」と思っている事柄は、もしかしたら別の人にとっては「非常識」ともなりうる。

自分の「常識」は時とすると単なる「思い込み」である可能性もある。

それでは、こういう多様な価値観の今の社会の中で自分はどこに立って行くか?

……などと、ぞうきん1枚から深く考えてしまったわけです。

自分も周りも健康的に幸福に過ごすには

☆自分以外の多くの価値観を知ること

☆自分の価値観が自分や周りを苦しめていないか慮ること

☆自分の価値観を人に強要しないこと

☆自分の許容範囲を広げる努力をすること

などが大切ではないかな、と思いました。

他人の価値観が見えるようになってくると、その人がなぜ怒るのか?というのもわかります。

そうすると、怒られ強くなります。

「あの人はこういう価値観で怒っているのだな。なるほど。

聞く耳は持ちつつ、取り入れられることは取り入れよう。

でも、私には私の考えがある。あの人の価値観に振り回されることはない。」

そう思えます。

 

こういう記事が書けたので、ビックリ投稿をした「新品ぞうきん買うママさん」にも感謝の気持ちが湧いてきました☻

ありがとう〜〜!

いろいろな価値観を知り、いろいろな考えをお互いに受け入れあっていける世の中になってほしいですね!

新幹線の座席、黙って倒す?★「よかれ」は人それぞれ

勝手に倒せや!

夏休み、新幹線や飛行機・高速バスなどで旅行に出かける人も多いかもしれません。

リクライニングを倒すとき、あなたは後ろの人に声をかけますか?。

この間ある有名人が、

「前の席のクソ野郎がおれが寛いでいるのにもかかわらず一々『席を倒していいですか?』とか聞いてきやがる。ウゼェ。勝手に倒せや。そうやって何でもかんでも保険かけようとすんな、ボケ」

とツイートしたことで賛否両論が叫ばれていました。

難しいですよねー。

相手がひと声かけてほしい人なのか、かけないでほしい人なのか、わかりませんからね〜。

ちなみにツイートしたその方は、CAやタクシー運転手の声かけにもイラッとするそうです。

イラッとするその感情はその人のもの

じゃあ、私たちはひとりひとりどう行動したらいいのか?ってことですが、

私は、それぞれがそれぞれの考えやポリシーの元に自然に振る舞えばいいのかな、と思います。

その人の感情はその人のものであって、周りの人間が関与しなくてもいいのではと。

私は昔はひと声かけてましたが、最近はちょっと様子を見てから勝手に倒しちゃってます。

もしそれで後ろの人が気分を害されたなら、それはそれでしょうがないじゃ〜ありませんか。

気分を害させてごめんなさい、という気持ちは伝えるけど、こっちは、気分を害させようとしてやったわけじゃないし、それ以上自分のことも相手のことも責めることはしません。

どう思われるか?をあまりに気にしすぎるばかりに、心が疲れて周りが怖くて、対人恐怖になってしまう人もいます。

善意をどう思うか?

は、受け取る側の問題です。

心の境界線を引いて、自分の問題かどうか問うてみる

心の境界線(バウンダリー)がしっかりしていると、怒られ強くなります。

怒るその感情は怒る人のもの。

その感情にいたずらに振り回されることはないんです。

ただ、「私は一切関係ございません‼︎」ピシャリ!…みたいなやり方は良くないですけどね。

誠心誠意で向き合うことは大切だと思います。

自分に非があるなら謝ることも必要かもしれません。

でも、振り回されない。

イライラスイッチは自分でON.OFFする

オロオロも、イライラも、

「誰かのせいで」させられているとしたら、

スイッチを入れるのは「誰か」ということになります。

だとすれば、感情を伴う自分の人生を「誰か」に支配されちゃってる!ってことになります。

そんなのイヤですよね。

感情はそれを感じるその人のもの。人生もその人のもの。その人が主体的に決めていくもの。

だからもう、「誰かのせいでイライラする」っていう受け取り方は変えた方がいい!

コックピットに座るのは「あなた」なんです!