新幹線の座席、黙って倒す?★「よかれ」は人それぞれ

勝手に倒せや!

夏休み、新幹線や飛行機・高速バスなどで旅行に出かける人も多いかもしれません。

リクライニングを倒すとき、あなたは後ろの人に声をかけますか?。

この間ある有名人が、

「前の席のクソ野郎がおれが寛いでいるのにもかかわらず一々『席を倒していいですか?』とか聞いてきやがる。ウゼェ。勝手に倒せや。そうやって何でもかんでも保険かけようとすんな、ボケ」

とツイートしたことで賛否両論が叫ばれていました。

難しいですよねー。

相手がひと声かけてほしい人なのか、かけないでほしい人なのか、わかりませんからね〜。

ちなみにツイートしたその方は、CAやタクシー運転手の声かけにもイラッとするそうです。

イラッとするその感情はその人のもの

じゃあ、私たちはひとりひとりどう行動したらいいのか?ってことですが、

私は、それぞれがそれぞれの考えやポリシーの元に自然に振る舞えばいいのかな、と思います。

その人の感情はその人のものであって、周りの人間が関与しなくてもいいのではと。

私は昔はひと声かけてましたが、最近はちょっと様子を見てから勝手に倒しちゃってます。

もしそれで後ろの人が気分を害されたなら、それはそれでしょうがないじゃ〜ありませんか。

気分を害させてごめんなさい、という気持ちは伝えるけど、こっちは、気分を害させようとしてやったわけじゃないし、それ以上自分のことも相手のことも責めることはしません。

どう思われるか?をあまりに気にしすぎるばかりに、心が疲れて周りが怖くて、対人恐怖になってしまう人もいます。

善意をどう思うか?

は、受け取る側の問題です。

心の境界線を引いて、自分の問題かどうか問うてみる

心の境界線(バウンダリー)がしっかりしていると、怒られ強くなります。

怒るその感情は怒る人のもの。

その感情にいたずらに振り回されることはないんです。

ただ、「私は一切関係ございません‼︎」ピシャリ!…みたいなやり方は良くないですけどね。

誠心誠意で向き合うことは大切だと思います。

自分に非があるなら謝ることも必要かもしれません。

でも、振り回されない。

イライラスイッチは自分でON.OFFする

オロオロも、イライラも、

「誰かのせいで」させられているとしたら、

スイッチを入れるのは「誰か」ということになります。

だとすれば、感情を伴う自分の人生を「誰か」に支配されちゃってる!ってことになります。

そんなのイヤですよね。

感情はそれを感じるその人のもの。人生もその人のもの。その人が主体的に決めていくもの。

だからもう、「誰かのせいでイライラする」っていう受け取り方は変えた方がいい!

コックピットに座るのは「あなた」なんです!

パフェにとうもろこし?★自分の常識を破ってみる経験は何故いいのか?

勤務園で“ハロハロパーティ”をやりました!

ハロハロとはタガログ語で「まぜこぜ」という意味のあるフィリピンの冷たいデザート。

かき氷パフェとでもいうんでしょうか。

フィリピン人のママが準備してくれて、本場の味を楽しみました。

自分で好きなものを入れて作っていくのですが、なんと!

ゼリーやアイスクリームやココナッツなどといっしょに「つぶコーン」が置いてあるじゃないですかっ!

自分の常識を破ってみる

いや、いや、パフェ的なものにトウモロコシってないでしょ!

一瞬うぎゃっと思いましたが、優しいフィリピンママは「どうぞ〜」と微笑んでいます。

そこは飛ばすっていうこともできるけど、本場では入れるのね?そうなのね? じゃあ、やってやろうじゃありませんか!

おそるおそるアイスクリームやナタデココと一緒に「つぶコーン」も入れました。

・・・・・う!ウマイ!!!

合う!!

すっかり魅了されてしまいました。

**********

私たちは気付かないうちに自分の「常識」の中で生きています。

そして、その「いつもの」「あたりまえの」が壊されると違和感を覚えたりイライラを感じたりしてしまうものです。

変化に対応できる自分をつくる

アンガ―マネジメントのトレーニングの一つに「ブレイクパターン」というものがあります。

何か一つ小さなことでいいので、ワンパターンにやっていることを変えるのです。

いつも通っている道を変えてみる。いつも食べているあれを変えてみる。着るものを変える。言い方を変える。座る場所を変える。・・・などいろいろ考えられますね。

これは、自分から意図的に変化をつくれるようになることで、変化に強く柔軟性の高い心をつくるようになるためのワークです。

ワンパターンに生活することは効率的ですが、心の柔軟性という点では「こだわり」を強めてしまうこともあります。

「いつもの~~じゃなくても大丈夫」という状況に自分を置いてみるのは新鮮な経験になるかもしれません。

意図せずして「いつもの」生活ができなくなってしまうような時にも、柔軟に対応できる力が養われることでしょう。

どうぞやってみてくださいね!

自分の怒りタイプを知っていますか?★傾向を知って自分や周りと良い関係♪

こんにちは!

ぽかぽかあったか はっぴぃハート作りのお手伝い コタニコズエです。

(ブログに「翻訳」機能を設置してみたのですが、【小谷こずゑ】が    【Otani Kozue】になってました!)

**********************

「怒りっぽい人」というとどんな人を想像しますか?

大声で怒鳴る人?

小さなことでイライラしてる人?

ネチネチいつまでも引きずる人?

モノに当たってぶち壊す人?

「怒りっぽい」と言ってもさまざまですね。

「怒り」には 「強度」「頻度」「持続性」「攻撃性」などの要素があります。

これらの要素をひとつづつ解析してタイプを診断してくれるのが「アンガ―マネジメント診断」です。

アンガマネジメント診断ってなに?

日本アンガ―マネジメント協会が提供する、日本で初めての「怒り」の傾向を分析するための心理テストです。

感情のクセ、怒りへの耐性、タイプなどがわかります。

自分の怒りについて客観的に知ることで感情のコントロールの役に立ち、また、自分自身や周りの人とも上手に付き合っていくためのヒントが与えられます。

まずは無料診断から!

気軽にお試しいただくために日本アンガ―マネジメント協会のHPの専用サイトから「無料診断」を体験してみてください。

簡易的に6つのタイプを診断できます。

アンガマネジメント無料診断

もっとくわしく!

無料診断では物足りない方のためには「総合診断」や「動物診断」などがあります。

*アンガ―マネジメント総合診断  ¥2160

全91問を答えて、怒りの強度・頻度・持続性・耐性のほか、36のタイプの中からあなたのタイプが診断されます

「公明正大タイプ」

「博学多才タイプ」

「内柔外剛タイプ」

「天真爛漫タイプ」

「用心堅固タイプ」

「威風堂々タイプ」

*アンガ―マネジメント動物診断  ¥2160

総合診断の言葉を少しやさしくしたもの。全39問。白黒パンダタイプ・熱血柴犬・・・など動物に例えた診断が出ます。

「熱血柴犬タイプ」

「白黒パンダタイプ」

「俺様ライオンタイプ」

「頑固ヒツジタイプ」

「慎重ウサギタイプ」

「自由ネコタイプ」

総合診断・動物診断どちらも、小谷からのアドバイス書つき

≪診断の流れ≫

お申し込み(こちらのお申し込みフォームからどうぞ)

*日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。

→  お支払(振込)

→  小谷より診断用URLが知らされる

→ URLにアクセスしてWEB上で診断を受ける(PC/スマホ)

→ 診断書が郵送で届く

小谷はどんな怒りタイプ?

私小谷は かつては「公明正大」の傾向が強く出るタイプでした。

つまり、間違ったことが嫌いなので、街の中で公共ルールを守らない人にもイラッする人。

ですが、アンガ―マネジメントに取り組むようになってからは「自分の人生にとって重要でないこと」には無駄にイラッと来なくなってきました。

こんな風に、アンガ―マネジメント診断は「あなたは生まれつき一生このタイプ!!」と決めつけるものでなく、その時点でのタイプを知ってどんなふうに過ごしていったらイライラしにくい自分になれるか?のヒントをもらえるものです。

どうぞお気軽にお問い合わせくださいね!

お申し込み・お問い合わせはこちら

「嫌われない勇気」も必要★思いやりのある子に育てるには?

こんにちは!

ぽかぽかあったか、はっぴぃハート作りのお手伝い、小谷こずゑです。

授業中に騒ぐ生徒のイラスト

「嫌われる勇気」の誤解

一時期、「嫌われる勇気」という本がベストセラーになり話題になりました。

アドラー心理学を解説したこの書は、多くの人に大きなインパクトを与えました。

とかく人の目を気にして不自由な思いをしがちな日本人には、目からうろこの考え方であったと思います。

けれども、大きな誤解をしている人も多くいるようです。

「嫌われる勇気」とは「人からどう思われようが身勝手に自分の考えややり方を貫く」ことでもなく、「自分の範疇でない他人のことは見て見ぬふりをしてほおっておく」ということでもありません。

こういった誤解が生んだものなのか、悪い意味での「個人主義」がはびこってきているように感じます。

異質なものを排除する傾向

日本では長年、他と足並みをそろえることが美徳として教育されてきた歴史があります。下手に目だったことをして叩かれないように「個」を潜め、ある時には犠牲にしてきた部分もあります。

そのひずみから生きづらさ、居心地の悪さを感じて苦しみ、社会から隔離されるようなケースもたくさん起こりました。

そんな中で

「嫌われる勇気」に光が当たりました。

そんなに苦しい思いをしてまでみんなに合わせなくてはいけないわけではない、と言われて多くの人の心が軽くなりました。

しかし!しかしです!

それが極端に走って「自分第一優先主義」みたいになっていないか?と疑問を持ちます。

人と自分を愛するバランス

聖書にはこう書いてあります。

「自分を愛するように隣人を愛しなさい」

自分を愛していない人は真の意味で人を愛せません。

自分を許し、愛し、受け入れてこそ、人のことも許し受け入れることができるようになっていきます。

そしてまた、自分を心から愛せる人は、自分「だけ」にとどまらず、周りの人へも愛を分けていける人なのです。

自分への愛と人への愛のバランスが大事なんですよね。

自分も人も大切にできる子に育てるには?

では、自分も愛し人も愛せるバランスの良い子供に育てるためにはどうしたらいいか?

それはまず、とにかく親や周りの大人があふれるまで愛を注ぐことです。

幼児期までにしっかりと愛情タンクが満タンの状態になっていると、自己肯定感が揺るぎません。

自分が自分であることに自信が持てる子は何にでも積極的にチャレンジできる力を発揮できます。

そして同時に、人への配慮や思いやりも示すことができるんです。

ある意味これは、心のゆとりですよね。

自分に自信がなくて、自分のことで精一杯な子は、人のことなんか考えてられないかもしれません。

(大人も同じかもしれません。)

嫌われても自分を貫く強さと、

自分は少し我慢をしてでも人を思いやる

そんなバランスの取れた人に私もなりたいと思います。

***************

さて、昨日は思春期のお子さんを持つ方たちのための講演会でしたが、

なんと、0歳児から20歳過ぎのお子さんを持つ方までたくさんの方たちがお越しになり熱心に学んでくださいました。

アンガーマネジメント をさらに学びたいと言う方、

自分の子供や職場の子どもにも教えたいという方もたくさんおられましたので、

本をご紹介しますね!

今日は、子どもにもアンガ―マネジメントを学んでもらうために役立つ本をいくつか・・・。

 

↑まず一冊目は、こどもが取り組めるアンガ―マネジメントスキルがたくさん載っているこの本。

日本アンガ―マネジメント協会のキッズプログラムの開発に携わったお二人の共著となっています。

 

↑こちらはもと小学校教師だった方が教室でも実践していたアンガ―マネジメントスキルがたくさん載っています。

子供に接する時保護者に接する時のイライラ対策もあるので、教師の皆さんにはとても役立つはずです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アンガーマネジメント怒りやすい子の育て方 [ 菅野昭子 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2018/7/1時点)

 

↑これは著者の菅野さんが実際に行ったキッズへのアンガ―マネジメントの講座(授業)のプログラムや教材なども載っていてとても具体的です。

先生やお父さんお母さんに参考になることがいっぱい!