幼稚園・小学校に入った途端、わがままになった!★うちの子大丈夫かな?

4月も半ばを過ぎました。

ドキドキ・ワクワクだった入園式・入学式も無事に終えて、次第に新しい生活スタイルに慣れつつある頃ですね。

新しく飛び込んだ親の知らない世界で、我が子はうまくやっているのだろうか?と心配な気持ちはやまやま。

つい、「今日はどうだった?」「友だちはできた?」「嫌なことはなかった?」などと色々聞き出したくなってしまうかもしれません。

しかしこれは、子どもにとっては迷惑な話。

子どもの方から話してくるのならどんどん聞いてあげれば良いのですが、中には話したくない子もいます。

「言えない」「ツライ」という気持ちではなくて、ただ単に話したくないのです。

新しい環境の海でアップアップの状態のところに、横からアレコレ言われると気持ちの休まる間がないのです。

たくさん吐き出して気持ちをリセットするタイプの子もいますが、そうでない子もいると知っておきましょう。

*************

また、入園・入学した途端、なんだかトゲトゲ、わがままになってしまった、という話をよく聞きます。

そんな態度では集団でうまくやっていけないのでは? 新しい環境で性格が変わってしまったのか?…と心配になるかもしれませんが、これはとても自然な現象で心配には及びません。

学校や幼稚園で精一杯がんばって緊張状態が続いています。

ホッとできる場所や人に対して振り子が反対に触れるようにして、いつも以上にイライラやわがままが出るのです。

これで心の均衡を保つことができるわけですから、そのままを受け止めましょう。

これが受け止めてもらえないと別のところでゆがんだ形でストレスが噴出してしまいます。

決して厳しく叱ったりしないようにしましょう。

むしろ、子どもにとってわがままが言える親であることを誇っていいくらいです。

ゆったり構えて、子どもと共にのびのび過ごしてくださいね!

この時期、ママも知らず知らずかなり疲れているはずですからね、ちょっと緊張の糸を緩めてダラっとしてもいいのではないかと思いますよ!

ダラけたにゃんこ、発見。

台湾の美味し楽しざんまい記①★タイガーエア 、いいぞ!

台湾は日本から約4時間、美味しいものがあふれているグルメ王国として、日本からもたくさんの旅行者が足を運んでいます。

大きさは九州ほど。

わたくしこの度、南部の高雄市と北部の台北市に滞在して楽しんで参りました。

どの航空会社にしようか迷いましたが、今回はLCCの「タイガーエア 」をえらびました。

タイガーエア =台湾虎航。

宇宙からやってきたという「クロロ」というネコのキャラクターが可愛い😍

タイガーエア なのに、キャラクターはネコ。ま、ネコ科だからいいか。

ゆったりめの11:50発、15:00高雄着の便にしました。(時差はマイナス1時間)

この時間でも、着いてから高雄市内を軽く散策、美味しい夕食や夜市が楽しめます。

キャビン内にもクロロ!

タイガーエア は機内持ち込みが10キロ。

他のLCCより余裕があるので、2.3泊なら預け荷物なしで気軽に行けますね!

私は機内食は頼みませんでしたが、お隣の方を見ると、パックジュースとスイーツのパッケージもクロロでした。

おまけにカトラリーもクロロ型!かなり可愛いです!

*******

座席にテレビモニターや音楽サービスはありませんが、シートも思ったより狭くなく窮屈には感じませんでした。

あらかじめスマホにドラマをダウンロードしておいて鑑賞するもよし、爆睡するもよし。

CAさんのユニフォームはポロシャツにスラックスというさっぱりした爽やか系。

女性CAさんのベルトがトラ柄のスカーフなのがいい感じ〜。

接客対応も親切丁寧でにこやかでした。

機内アナウンスは中国語・英語・日本語があるので安心です。

高雄空港では、ビーグルの警察犬がお荷物のチェックをしていましたよ。

*******

というわけで、タイガーエア 良かったです。

LCCは安いから悪いと思わなくて大丈夫な会社でした。

ただし、フライトの曜日や時間が限られているようですので、台湾行きを考えている方は要チェックです。

次回から台湾の美味しいものを紹介していきますね!

パーソナルカラーの次はベストカラー🎵一番似合う色は?

パーソナルカラー診断で自分に似合う色を見てもらいましたが、その次はさらに絞る「ベストカラー診断」を受けてきました。

春夏秋冬のグループに分かれてじっくりと色合わせをしていきました。

同じ夏のカラーの方でも、パキッとはっきりした色の似合う方、私のようにぼんやり霞みがかったものの方が似合う人…とそれぞれでした。

同じ白の中にも真っ白や黄味より、ブラウンでもコーヒー色とココア色、チョコレートなど微妙な違いがあり、似合う似合わないがありました。

かなり混乱もしましたが、とても勉強になりました。

私のベストカラーはこれでした。

どれも好きな色♪

これからは自信を持って着られそう。

自信を持つとなおキレイに見えるそうです。

先生方、ありがとうこざいました😊

親の死にどう関わるか?★延命治療、する?しない?

義父が天に召され、もう少しでひと月になろうとしています。

まだいろいろな手続きが残る中、ふと、生前の何気ない会話や笑顔がよみがえってきて、急に悲しくなることがあります。

あぁ、もうお父さん、ここにはいないんだなぁ…と思うと、なんとも言えない寂しさを覚えます。

それは、

ご飯の支度をしている時だったり、

雨戸を閉めている時だったり、

夜布団に入った時だったり、

…突然やってくるので驚きます。

*******

義父の旅立ちに際して、私たち家族は延命治療をしない選択をしていました。

延命治療とは、終末期において命を少しでも伸ばすためになんらかの医学的処置をすること。

私自身が20年前に乳がんの切除手術を受けるときに、延命治療はなし、と希望していました。

17年前に父を送った時も然り。

今度の義父の時も当たり前のようにそう考えていました。

私たち夫婦にとって、死とはやがて誰もが迎えるごく当たり前の道。

命は神様から与えられたものであり、いつか神様の元に帰る自然な人の営みだと捉えています。

もちろん、生きていて共に過ごし会話をしふれあえる喜びが、死によって絶たれてしまう寂しさはあります。

けれども、終わりは必ずくるのです。

終わりの時を自然な形で迎えたい、というのが願いです。

*******

私たちは夫婦で同じ見解でしたからスムーズでしたが、これが夫婦や兄弟、孫たちで違っていたら大変なのでしょうね。

知人は、家族でまっぷたつに意見が分かれてしまい悩んでいました。

当の本人は延命なしを望んでいるが、どんなことをしてでも1分でも1秒でも生きながらえてほしいと願う人もいます。

一方で、それは遺されるものたちのエゴだと考える人もいます。

その考えを「薄情だ」と感じる人もいます。

人それぞれなのです。

では、どうしたらいいか?

それこそその家族家族で出す答えは違うでしょう。

「死」はまだまだ日本人にとってタブーの色合いが濃いかもしれませんが、日頃から、そう、そういう状況になってからでなく、普段から家族でそのことについて互いの考えを交換しておくのが良いのかなと思います。

茶香炉にはまってます!

葬儀に紅白の水引き!*常識か!?非常識か!?

夫の父が天に召されました。

義父に繋がる人々と共に、心を込めてお見送りすることができました。

今回の葬儀でとても驚いたのが、紅白水引きの袋を持ってきた方がいたことです。

え?弔事に紅白⁉︎

表書きは「お見舞い」

ネットで調べてみましたら、「あり得ない」「はらわたが煮えくりかえった」「絶句した」…との反応が多数ありましたが、なんとそれが常識の地域があるようなのです。

茨城や長野の一部の地方、北陸?などにある風習らしいです。

その心とは?

①生前にお見舞いに行きたかったが行けなかったのでその気持ち

②家族が亡くなり、その心中を思いやる見舞いの気持ち

だそうです。

へえ〜〜〜!!

弔事に紅白なんて非常識!と思えば腹も立ちますが、

そういう思いやりの心が込められていると知れば、ありがたい思いになりますね。

怒りがわくか わかないかは、そこへの意味づけで変わるのです。

自分の常識や「べき論」だけで一刀両断するのでなく、幅の広い捉え方をしていくことが大切です。

怒りの取り扱いを上手にしていきたいですね。

パーソナルカラー診断★素材を活かして輝く!

気になっていた「パーソナルカラー」。

ようやく「診断」を受けてきました。

生まれ持った肌の色、髪の色、眼の色、唇や頰の色…それらを踏まえて、それを生き生きとさせる「色」を教えていただきました。

私は幼い頃はオレンジ色が大好きで、持ち物をオレンジで揃えたりしていました。

高校を卒業してメイクを始めた時、大好きなオレンジ色を唇に塗ったら

「え⁉︎」

となりました。

なんなんだ⁉︎この似合わなさ!

真っ赤じゃないのに、何故か人を食ったような口元に…。

鮮やかすぎるオレンジだったのか?と、落ち着いたオレンジにしてみたら、ぼーーっとぼやけた生気の無い表情に…。

それ以来、私のオレンジ色離れが始まりました。

それまで「なに、その甘っちょろい色!」とバカにしていた(?)ピンクを身につけてみたら、なんだかしっくり。

以来、ルージュもチークもローズピンク系。

スキーウェアも鮮やかなマゼンタ。

今回の診断のお教室にもオーキッドピンクのセーターで乗り込んだのです!

こ、これでピンクがNGだったら…?

先生は、私の好きなショッキングピンクの布からスタートしてくださいました。

いろいろ当てていくと、顔の色や輪郭が変わって見えるのがわかりました。

いちばん生き生き見えたのはピンクの中でもオーキッドピンクでした。

「完全なピンクの方ですね」

やっぱり間違ってなかったんだ!

オレンジ系は、どれも顔色が黄色がかって見え、シミも目立ってしまいました。

ほかの色もいろいろ当てましたが、私は濁った色は似合わないようです。

鮮やか過ぎずパウダリーな感じ?

しっとりした雨に濡れるアジサイの色を思い浮かべるといいらしいです。

こんな青も似合うそうです。

これからの色選び、楽しくなりそうです。

もともと持っている素材を活かすというのはとても大事ですね。

お料理も、素材の風味を消さない味付けや、さらに旨味が増す組み合わせなどがあります。

苦味やえぐみも、活かせば他には真似のできない特性のある味となります。

私たちは一人一人違った個性・特性を持っています。

「○○じゃなくて残念」

「○○だったら良かったのに…」

と後ろ向きにとらえるのでなく、与えられたものに感謝してどんどん活用していきたいですね。

私は小さい頃から背がとても高いのがいやでした。

でも今は、高くてもいい、むしろ高さを「ステキ」に見せればいい、と考えるようになりました。

髪の毛は天然パーマ。起き抜けはガス爆発後のようです。なんとか人前に出られるように整えるのはひと苦労ですが、このウネウネは私の顔には合っているのだと思います。

歯並びはガチャガチャ。歯列矯正しないでここまできてしまったから、もう、これでいっちゃおうかと思います。

あるものを上手く使う!そして輝く!

今年のテーマです❣️

この濃い〜ピンクは大好きな色ですが、わたしには少し強すぎるらしいです。

でも、似合わないわけじゃないから着ちゃう!

元気な気持ちになれるから〜❤︎

怒らない体操でカラダぽかぽか、代謝UP!

お隣の町で「怒らない体操」をお伝えしてきました。

20人ほどの方が集まり笑顔で体操に取り組みました。

まずはじめに「カラダの軸」を作るところから始めましたが、よろけない姿勢が出来上がった時に会場内で「おぉ〜〜」というどよめきが。

笑顔で取り組むと効果倍増ということで、皆さん良いお顔で動いてくださいました。

怒らない体操は決して激しい動きではないのですが、きっちりやると汗がじわじわ出てきます。

カラダがぽかぽかと温まり、血行が良くなっているのをリアルに感じることができます。

「肩が軽くなってる!」

「スッキリした!」

怒らない体操のおかげで姿勢が良くなり、身長が伸びたこともお話ししました。

ちなみに、私の体内年齢は実年齢のマイナス12歳です!

カラダが喜び、ココロもハッピーになる怒らない体操。

大人にも子どもにももっと知っていただきたいなーと思います。

最後に顔出しOKの皆さんと記念撮影!

笑顔がいいですね❣️

ご受講いただきありがとうございました😊

恐妻組合ってなんなん?

夫と私が属している共通のコミュニティには老若男女、たくさんの年代の方たちがいます。

この間40代の男性から

「小谷さん(夫)は、恐妻組合の会長っすから!

○○さんが副会長で、俺ら平会員ですよ。小谷さんの足元には及ばないっすよ」

と言われたんですが、

《恐妻組合ってなんなん?》

文字の通りに言えば妻を恐れる。でも、夫も彼らもそんなに恐れてる様子はないと思うんですよね。

夫も「え?なんで俺が?なんかの間違いじゃないの?」とビックリ。

ええ、たしかに夫が庭でミニブタを放し飼いにしたいと言ったのを即!却下したことはありますけどね…。

尻にひかれて頭が上がらないっていうのが本来の意味なんでしょうが、彼らに共通しているのは「妻を尊重している」っていうことかなと思います。

勝手に物事を決めてしまったり、妻の都合や立場も考えないで行動するっていうようなことがないということです。

意見が違っていても話し合いができる、一方的にならない、どちらかが我慢するのでない。

これは妻を恐れるからじゃなくて、愛してるからだと思うんですけど。

(もしかすると、妻をないがしろにしていると家庭が面倒なことになる…と本能的に感じている、ということもある、のか?)

いずれにせよ、私は「恐妻組合会長の妻」の称号を喜んでお受けしようと思っていまーす。

恐妻組合会員の妻会員、大募集中〜!

長ネギの収穫に行きました!

パーソナルカラーを知りたい!★持っているものを最大限に生かす!

最近、パーソナルカラーというのが気になっています。

パーソナルカラーとは、その人の生まれ持った肌などの色素に合う色のこと。

パーソナルカラーを身につけると肌の透明感が増し、シミやクマ、ほうれい線が目立ちにくくなり、健康的に見えるのだそうです。

せっかく神様からもらったこの顔立ちや色味、できるだけ美しく使いたい!と思うのです。

気になりだしてからネットでいろいろ調べているのですが、まず「イエベ」「ブルベ」という2つに肌の色が分けられるらしいです。

イエベはイエローベースのことで、黄味の肌の色。

ブルベはブルーベースのことで、ピンク系の肌の色。

簡易的に診断できるサイトもたくさんあるのですが、今ひとつわかりにくい。

例えば、シルバーとゴールドのアクセサリー、どちらが似合うか?みたいな質問があるのですが、いやいや、どっちが合うかわからないからパーソナルカラーを知りたいんですけど!って思うわけです。

もっと調べたら、黄色い肌の人でも実はブルベという「隠れブルベ」もある!のですって。

調べても調べてもますますわからなくなる〜〜。

それでちょっとメイクアプリで遊んでみました。

すみません、お見苦しい写真です。

疲れて帰宅した夜、髪の毛ボーボーです。ほとんどすっぴん状態にアプリ上でリップとチークを足してみました。

上がピンク、下がオレンジ。

元の写真は同じものを使っています。

わたしには上の方が肌の色が白く目元がはっきりして元気に見えます。

下は肌の色が黄色くくすんで顔の輪郭がぼんやり、ちょっとやつれ気味に見える気がします。

まぁ、ほんわり優しい印象かもしれませんが。

いや〜、大して変わらないでしょ〜、と言われてしまえばそれまでなのですがね(๑˃̵ᴗ˂̵)

そんなわけで、自分の目に自信が持てないので、結局何が似合うのか分からない私です…。

近々解明したいです❣️

今年は

「神様が自分にくれたものを上手に最大限に生かして、楽しく生きる」ことをたくさんしていきたいと思います!