子どもの「泣き落とし」に負けないでね★泣いて得する習慣はNG

「泣けばすむ」

「泣けば思い通りになる」

「泣けば許してもらえる」

こういうことを身につけてしまうのは子どもにとって幸せなことではありません。

そういう自我の通し方は、1人の人間として未熟なコミュニケーションの取り方であり、どこででも誰にでも通用するものではありません。

「あぁ、泣いちゃった…しかたないなぁ…」と周りの大人がゆるしていてそのまま成長すると、言葉での対等のコミュニケーションが取りにくい大人になってしまうかもしれません。

お友達や同僚などあなたの周りにいる大人で、思い通りにならないと泣く人はいますか?

それは流石にあまり見かけないかもしれませんが、

「思い通りにならないと感情的になる人」というのはいると思います。

子どもの頃に「泣く」とか「怒る」とかいう感情表現で人を動かしてきた人は、大人になるとやはり「怒り散らしたり」「泣き叫んだり」「物に当たったり」する事で自分の欲求を伝えてしまうことがあるのです。

周りの人にとってはちょっと困った人ですね。

勤務園では新年度が始まって2ヶ月。

子どもたちの人間関係にちょっと変化が出てきました。

親しくなってきた分遠慮がなくなりぶつかることも増えてきたのです。

その時に最も多いのが「泣く」。

悲しい時、辛い時、痛い時、寂しい時、どんどん泣いて良いと私は思っています。

けれども自分の我を通したい時にアピールのように泣き叫ぶのは、どうかなぁ??と思ってしまいます。

園ではそういう時はしばらく放って置くようにしています。

「泣いても思い通りになるわけではない」

ことを学んでもらうためです。

放って置かれると泣き止んでちゃんと話しをできる状態になることがほとんどですが、ずーーっと怒り泣きを続けることもあります。

ここで大人としては「負けそう」になりますね。

かわいそうだな、とか

うるさいから泣き止ませたいな、とか

こんなに泣いているのだから仕方ないか、とか考えて譲歩してしまいそうになるのです。

でも、ここでグッとガマン。

泣いても思い通りにならないと知ってもらうことが大切です。

そのあと、我が通らなかったことで消化不良を起こしているようなら個人的に話をして、「◯◯したかったんだね」と気持ちを受け止める時間を持ったりしています。

そして折に触れて、個人に対しても全員に対しても

「自分の考えや気持ちは 言葉で伝えよう」ということを繰り返しお話ししています。

「感情 で 伝えるのでなく、

感情 を 伝える」

これは、アンガーマネジメント協会の理事である戸田久実氏教えてくださった言葉です。

子供の頃からそういう習慣を身につけていけたら、コミュニケーションが上手な人になっていけると思います。

私も心掛けます❗️

↑じゃがいも掘り行きました!

今日の私の「ふざけんな!」★怒りをゴミ箱に捨てる

怒りは自然な感情です。

あって当たり前の心の状態。

ムカっとすること、腹の立つことに遭遇するのは普通のことです。

大切なのは遭遇したとき、それをどう表現するか?あるいはどう処理するか?

それによって自分や周りの幸せ度が変わってきます。

…というわけで、アンガーマネジメントファシリテーターである私にも日々、ムカっと事項は訪れます。

今日ももちろんありました!

帰宅したら留守番電話がチカチカ点灯。

明日の仕事関係のことかと思い留守番再生すると

…「1分ほどのアンケートにお答えください」みたいな音声が流れてきました。

カッチ〜〜ンッ❗️

「ふざっけんなっっ!」

と受話器を置きながら独り言言っちゃいましたよ!

そしてそのあとは

〽︎ふーざけんなー ふざけんなー ふざけんなったら ふざけんなーー………はいっ!♪

と自作のいい加減なメロディを口ずさみ、最後の「はいっ!」でムカムカをゴミ箱に捨てるイメージで終わりにしました。

イライラを引きずるのは自分にも周りにもつまらないことなので、くだらない怒り事項には即バシッとケジメをつけたほうがあとあとラクですね。

怒りの感情は目に見えないものですが、イメージして手放すという方法は意外と効果があります。

実際に手を動かして怒りをクルクルッと丸めて放り投げるしぐさをする方もいますよ。

ぜひお試しくださいね!

うちのお風呂は怪しげです。

でもリラックス効果があるんですよー。

その怒り、ガマンしてはなりませぬ!

ムカムカ(6か6か)しても6秒待って、衝動的な怒りの失敗を避けよう!…ということで、今日 6月6日は

「アンガーマネジメントの日」です❗️

怒りで失敗したり、怒りにエネルギーを削られたりするのはもったいないことだと思います。

もっと有益なことに力を注ぎ、人生を楽しく豊かに過ごせたらいいですよね。

けれども、意外と誤解されやすいのが

「怒るのは悪いこと」

「怒ってはいけない」

という捉え方。

アンガーマネジメントをちょっと聞きかじって

「感情をコントロールして怒らなくなる方法」と思っている方がいらっしゃいます。

違います❗️

怒りのない人はいないし、怒りのない世界もないです。

それ、おかしいでしょ!?ダメでしょ!?と思う場面が全くなくなるなんてあり得ないです。

私、この間、駐車場で割り込みされてむかっ腹たちましたよ💢

ただ腹の立つこと全部に爆発的に怒っていたら、しっちゃかめっちゃかになってしまいます。

駐車場で割り込みした人に怒鳴って、それで何かの解決になるのか?健康的なのか?建徳的なのか?みんなが幸せになるのか?

アンガーマネジメントは未来解決志向です。

家族なり、子どもなり、同僚なりの言動に違和感がある時のに「怒っちゃいけない。ガマンしよう」というのはなんの解決にもなりません。

家庭や職場を良くしたいならあえて怒ることも必要なのではないでしょうか?

怒る…と言っても、感情的に怒鳴ったり断罪したりということでなく、自分の思いをしっかり相手に伝えるということです。

そのためにはもちろん「上手な伝え方」をすることが必要になってきますがね。

私はアンガーマネジメントを学ぶ前より今の方が怒ることが増えました。

以前は自分に自信がなかったこととも相まって、

「言っては悪い」

「自分さえ我慢すれば」

「嫌われたくない」

「場の雰囲気を悪くしたくない」

などという思いが先んじていたのです。

むやみにガマンし過ぎてしまうことは、心や身体を病むことにもつながってしまいます。

今はそこから自由になりました。

譲れること譲れないことをはっきりさせて、譲れないことに対してはうやむやにしないようにしています。

一方で、「譲れる範囲」は広がってきました。これは心がラクになりますねえ。

まだまだ途上ですが、

怒るべきことには怒り、そうでないものにはムダなエネルギーを使わない

これをもっと深めていきたいと思っています。☺️

私は人の命を奪うかもしれない。

大津の事故のニュースは本当に衝撃的でした。

2つの立場から深く考えさせられました。

ひとつは運転者として。

私は毎日通勤に車を使っています。19歳で免許を取ってから30数年間、車のない生活は考えられないほどです。

ここ春日部あたりでは、駅近に住んでいない限り、クルマなしはかなり不便なのです。

でも、クルマは便利だけれど、意図せずして人の命を奪ってしまうこともあるものだと改めて思い知らされました。

ハンドルを軽く握ってはいけない。

凶器となりうるものを自分が操縦しているのだ!といつも意識し続けねばならぬ。そう思いました。

もうひとつは 保育者として。

勤務園でも頻繁に散歩や野外保育に出かけます。

全身を目にして、耳にして、細心の注意を充分に払っているつもりですが、それでも事故に遭う危険性はゼロではない。

今回の保育士さんたちに落ち度はなかったと私は思います。

けれども、同じような状況に遭遇したら私もまた幼い命を守りきれず、その結果 失意のどん底に放り込まれるに違いないでしょう。

保育士の仕事は「命を預かる」責任の重い仕事です。

命預かる者として、精神をすり減らすくらいでないといけない。

毎朝襟を正して、自分の負っている責任を自覚しつつ、この尊い務めにあたらせていただこう。

人の命を奪ってしまうかもしれない自分。

預かった命を守りきれないかもしれない自分。

そんな自分であることを忘れないでいる!それが大事なことなのだと思いました。

今回の事故に関係したおひとりおひとりに、慰めと励ましがありますようにお祈りします。

恐妻組合ってなんなん?

夫と私が属している共通のコミュニティには老若男女、たくさんの年代の方たちがいます。

この間40代の男性から

「小谷さん(夫)は、恐妻組合の会長っすから!

○○さんが副会長で、俺ら平会員ですよ。小谷さんの足元には及ばないっすよ」

と言われたんですが、

《恐妻組合ってなんなん?》

文字の通りに言えば妻を恐れる。でも、夫も彼らもそんなに恐れてる様子はないと思うんですよね。

夫も「え?なんで俺が?なんかの間違いじゃないの?」とビックリ。

ええ、たしかに夫が庭でミニブタを放し飼いにしたいと言ったのを即!却下したことはありますけどね…。

尻にひかれて頭が上がらないっていうのが本来の意味なんでしょうが、彼らに共通しているのは「妻を尊重している」っていうことかなと思います。

勝手に物事を決めてしまったり、妻の都合や立場も考えないで行動するっていうようなことがないということです。

意見が違っていても話し合いができる、一方的にならない、どちらかが我慢するのでない。

これは妻を恐れるからじゃなくて、愛してるからだと思うんですけど。

(もしかすると、妻をないがしろにしていると家庭が面倒なことになる…と本能的に感じている、ということもある、のか?)

いずれにせよ、私は「恐妻組合会長の妻」の称号を喜んでお受けしようと思っていまーす。

恐妻組合会員の妻会員、大募集中〜!

長ネギの収穫に行きました!

プラスのパワーで問題を解決!★子育てで着目点を変えてみる

今朝のテレビ番組で見たのですが、ある村のあるダムが風評被害でとても困っていたそうです。

SNSで「神霊スポット」だと拡散されてから、夜中に騒ぐ者たちが大勢押しかけたり、大量のゴミを捨てられたり、窓が割られたり、看板にイタズラ書きをされたり…と、迷惑行為に悩まされたのです。

対策として、ダムにかかる橋を鮮やかに塗り替えたり、木を伐採して見通しをよくしたりしました。

そしてもうひとつ!

ご当地ヒーロー・鬼神戦隊ダムセイバーの主題歌「ウォーターファンタジア」の曲を流す!

夜中にダムの近くを通ると明るくハキハキしたヒーローソングが流れ出すのです。

肝試しに来た人は一気に興ざめして帰っていく、ということでした。

元気な歌声はこちらからご確認ください↓

http://www.news24.jp/sp/articles/2018/09/03/07402987.html

私がステキだな、と思ったのは

「来るな、来るなって言っても来てしまうので、それなら、プラスのイメージを伸ばしていって悪いイメージや行為をやっつければいいと思って」

という言葉。

**********

子育てもこれなんですよ!

子どもの悪いところ気になるところをダメだ、直せとキリキリ怒るより、

良いところをたくさん見つけて大きく伸ばしてやれば、悪いところは目立たなくなっていくんです。

着眼点を少し変えて子どもを見るようにしてみてください。

親が子どもに対して「あなたにはこんなすばらしいところがある」と伝えてやることで、子どもも自分に自信が持てるようになります。

自分への自信…コレはとっても大事なものです。

将来の人間関係や勉強や仕事の出来にも深く関わってきます。

子どもの良いところ見つけ。さぁ、やってみましょう!

先生は熱中症になるべきではない⁈★

昨日は勤務園での運動会でした。

厳しい暑さと日差しの中で、なんと私が熱中症になってしまいました!

フィールド内を走り回っている時にクラっとして、目の前が真っ暗になること、2、3回。

まずいな、とは思ったのですが、私の中には

「職務は遂行すべき」

「教師は体調管理も仕事のうち」

「先生が職務中に熱中症になるなどもってのほか」

という思いが長年ありました。

私にとってはとてもとても恥ずかしいことだったのです。

ですから、以前までの私なら「あと少しだから死んでも頑張ろう」と無理していたと思います。

でも今回は、再びのめまいとしゃべりにくさ、両脚のじわーんとしたしびれ感で、これ以上無理してはいけない、意地を張ってはいけない、と、ベンチ入りしました。

早めの対処のおかげで小一時間で回復し、その後は職務に戻ることができました。

今回のことで学んだことはたくさんありますが、アンガーマネジメント の観点から言えるのは、

「あまりに強い【べき】を以ってがんばりすぎてしまう人がいる」

ということです。

特に心配なのは、判断力の成熟していない青少年ですね。

「辛くても学校へ行かなければいけない」

「やめたくても部活は続けなくてはいけない」

「いじめられても親に心配をかけてはいけないから、言わない」

など、心の中に辛さを抱えながらも頑張ってしまっている子供が、限界を超えてしまう事がないように、周りの大人が早期発見、早期対処をしてやることが大切だと思います。

対処が遅くなれば、心にも身体にも大きなダメージがあり、回復にもたくさんの時間がかかってしまいます。

**********

大人である私たちも、変な意地や見栄を張らず、自分にも人にも優しくしていきたいですね。

”自分の怒り”を記録することの効用★始めよう、アンガーログ!

アンガ―マネジメントファシリテーターとしてのブラッシュアップのために6時間の研修を受けてきました。

この後、21日間の実践レポートと試験を受けて認定される予定です。

アンガ―マネジメントは心理トレーニングであり、日々取り組むことで身についていく技術です。

色々なテクニックがありますが、その中でも基本中の基本が「アンガーログ」という「自分の怒り」を記録するものです。

一日に57回も怒っていたWさん

今回いっしょに研修を受けたWさん。アンガ―マネジメントを始めて自分の怒りを記録してみたら、なんと一日に57回も怒っていたそうです。

私、とっさに計算しちゃいましたよ。

6時に起きて11時に寝るとして17時間で57回。1020分÷57回で約18分に一回怒ってたんですね~。

1時間に3回怒る計算になります。

これはけっこう疲れるでしょうね。怒るってエネルギー消耗しますから。

ところがこのWさん、アンガ―マネジメントを始めて4年、今ではほとんどのことが気にならなくなったと言います。

アンガーログをつけて自分の怒りを客観視し、地道に取り組んできた結果です。

アンガ―マネジメントのスタートは「まず、アンガーログ」なのです。

アンガーログのつけ方

さて、怒りを記録する「アンガーログ」はどうやってつけたらいいでしょう?

①イライラしたこと、怒ったことの「日時」「場所」

②その「内容」

③その時自分が「思ったこと、行動したこと」

③怒りの「程度」を10段階の数字で

例えばこんな風になります。⇓

①7月17日(火) 16:00ごろ

②Tさんが私のお財布を引き出しにしまってしまった

③人の財布を勝手にしまうなんて!と思い、「え!なんでそこにしまっちゃうの!?」と言った。

④3

 

ポイントは

◎その場ですぐ書きとめておくこと                   (ポストイットを使ったり、携帯のラインに記録したり)

◎分析はせず、ただ事実のみを書くこと                 (その場で書けるくらいの要点を書き、感情や情況の分析などはしない)

慣れないうちは大変なのでまずはその場では②だけさっと書きとめ、家に帰ってから①③④を書き加えるという形でもいいですし、書けるところだけでもいいです。

あまり詳しく書いたり分析しだしたりしてしまうと、怒りの感情がよみがえって増幅してしまうこともありますから、くr

アンガーログの効用

怒りを書き留めるようになると自分の怒りの傾向・特徴がわかるようになります。

この時間帯に怒りやすい、こういう状況だと怒りやすい、この人に怒りやすい、こういうとき必ずこういう反応をしてしまう、何曜日に怒る確率が高い・・・などなど、さまざまなことが見えてきます。

問題に対処するには、その問題がいつどんな時どの程度起こっているのかきちんと把握しなければ取り掛かることができません。

怒りも同じです。

まず現状をとらえその上で作戦を練っていくのです。

ぜひやってみてくださいね。

そして、一日に57回以上怒っていた!という方がいたらご連絡ください。私の知り合いの中での「最多怒り賞」を差し上げます(笑)

*************************

アンガーログのつけ方が載っている本を紹介します。

1冊目は「上手な怒り方」や「怒りっぽい人から身を守る方法」なども書かれているこれ⇓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

この怒り何とかして!!と思ったら読む本 [ 安藤俊介 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2018/7/23時点)

 

2冊目はなんと本格的な「アンガ―マネジメント診断」を 無料で受けられる特典付き! しかも、「21日間体質改善トレーニング」も解説されているこれ⇓

 

*************************

 

この間間違えて電子書籍を紹介していました。

こちらは紙の本です。⇓送料無料です。