ほめシャワーの効果★ほめ達人への道を歩むパパとママたち

前回の記事に書きましたが、現在「ペアレントプログラム」について学んでいます。「楽しい子育てのための親のレッスン」の記事はこちら

毎回受講生の皆さんに宿題が出ます。

その1つが「ほめる」。

ほめ慣れていないと何をどうほめたらいいかわからなかったり、照れくさかったりしますが、研修会の回を重ねてパパもママもだんだん慣れてきたようです。

宿題の発表の時間があり、「ほめることの効果」を実体験した例かいくつかありました。

➀こどもの良い行動を褒めたら、その行動を意識して積極的にやるようになってくれた。

➁ほめることが多くなったら、「注意」したことにも耳を傾けてくれるようになった。

ほめられるとその行動が強化され、またやろうとする→ほめられる…という嬉しいスパイラルが生まれていくのですね。

そしてまた、認められると聞く耳もできる!というのは素晴らしい発見ですよね。

これを読んでくださってる方にも体験していただきたいです。

ほめ慣れていないという人ははまずは、「その行動を実況中継」することから始めるといいですよ。

歯を磨いているね。

トイレに行けたね。

手を洗っているね。

…そんな日常のごく当たり前のことでいいのです。

子どもとしてはそう言われると、見てくれている、認めてくれているという気持ちになります。

ほめるって、なにも「すごい!」とか「人よりできてる!」とかそういうことでなくていいのです。

その子に目と心を向けていることが伝わっていくと、子どもの心も柔らかくなっていくと思います。

親子の良いコミュニケーションが取れるといいですね!

↑フィボナッチツリー

回転させると螺旋状になったり松笠状になったりする不思議感覚おもちゃ。

発達に心配のある子どもなどが心を落ち着けるのに使ったりできるそうです。

「楽しい子育てのためのペアレントプログラム」を学んでいます★子育てのストレスを減らすために!

子育てがつらい

子育てがキツイ

子育てが難しい

…そんな育児ストレスから少しでも解放されるための「親のためのワークレッスン」があります。

「ペアレントプログラム」というもので、ABA(応用行動分析)などをもとにしているメソッドです。

子どもの行動に注目して親のとらえ方やほめ方などを学んでいくペアレントプログラム。

これを開催できるようになるリーダー研修会での学びを始めました。

悩めるパパやママが「ペアレントプログラム」を学んでいる現場に行って、その展開の仕方や方法を学ぶので、リアルな事例やナマの声も聞けてとても勉強になります。

このプログラムは6回コースなので、回を重ねる毎に親御さんたちが変わっていくのを見られるのもまた楽しみです。

まずは自分や子どものよいところ、イマイチなところ、困ったところなどを書き出していくのですが、「書く」と漠然としたものがはっきりしてきてわかりやすくなります。

はっきりすると分析もしやすく、自分の思い込みや勘違いが見えてきたりもします。

受講者同士でお互いに共感しあったり、認めあったりすることも、このプログラムの優れたところ。

育児の孤立化ってほんとうにつらいですからね。

子育ての支援としてこのプログラムがたくさんのところで役に立っていけたらうれしいなと思います。

私の学びは7月中旬に修了しますので、それ以降、ご用命がありましたらお声がけくださいませ。

あじさいのドライフラワーは難しいらしい。