ほめシャワーの効果★ほめ達人への道を歩むパパとママたち

前回の記事に書きましたが、現在「ペアレントプログラム」について学んでいます。「楽しい子育てのための親のレッスン」の記事はこちら

毎回受講生の皆さんに宿題が出ます。

その1つが「ほめる」。

ほめ慣れていないと何をどうほめたらいいかわからなかったり、照れくさかったりしますが、研修会の回を重ねてパパもママもだんだん慣れてきたようです。

宿題の発表の時間があり、「ほめることの効果」を実体験した例かいくつかありました。

➀こどもの良い行動を褒めたら、その行動を意識して積極的にやるようになってくれた。

➁ほめることが多くなったら、「注意」したことにも耳を傾けてくれるようになった。

ほめられるとその行動が強化され、またやろうとする→ほめられる…という嬉しいスパイラルが生まれていくのですね。

そしてまた、認められると聞く耳もできる!というのは素晴らしい発見ですよね。

これを読んでくださってる方にも体験していただきたいです。

ほめ慣れていないという人ははまずは、「その行動を実況中継」することから始めるといいですよ。

歯を磨いているね。

トイレに行けたね。

手を洗っているね。

…そんな日常のごく当たり前のことでいいのです。

子どもとしてはそう言われると、見てくれている、認めてくれているという気持ちになります。

ほめるって、なにも「すごい!」とか「人よりできてる!」とかそういうことでなくていいのです。

その子に目と心を向けていることが伝わっていくと、子どもの心も柔らかくなっていくと思います。

親子の良いコミュニケーションが取れるといいですね!

↑フィボナッチツリー

回転させると螺旋状になったり松笠状になったりする不思議感覚おもちゃ。

発達に心配のある子どもなどが心を落ち着けるのに使ったりできるそうです。

「楽しい子育てのためのペアレントプログラム」を学んでいます★子育てのストレスを減らすために!

子育てがつらい

子育てがキツイ

子育てが難しい

…そんな育児ストレスから少しでも解放されるための「親のためのワークレッスン」があります。

「ペアレントプログラム」というもので、ABA(応用行動分析)などをもとにしているメソッドです。

子どもの行動に注目して親のとらえ方やほめ方などを学んでいくペアレントプログラム。

これを開催できるようになるリーダー研修会での学びを始めました。

悩めるパパやママが「ペアレントプログラム」を学んでいる現場に行って、その展開の仕方や方法を学ぶので、リアルな事例やナマの声も聞けてとても勉強になります。

このプログラムは6回コースなので、回を重ねる毎に親御さんたちが変わっていくのを見られるのもまた楽しみです。

まずは自分や子どものよいところ、イマイチなところ、困ったところなどを書き出していくのですが、「書く」と漠然としたものがはっきりしてきてわかりやすくなります。

はっきりすると分析もしやすく、自分の思い込みや勘違いが見えてきたりもします。

受講者同士でお互いに共感しあったり、認めあったりすることも、このプログラムの優れたところ。

育児の孤立化ってほんとうにつらいですからね。

子育ての支援としてこのプログラムがたくさんのところで役に立っていけたらうれしいなと思います。

私の学びは7月中旬に修了しますので、それ以降、ご用命がありましたらお声がけくださいませ。

あじさいのドライフラワーは難しいらしい。

子どもの「泣き落とし」に負けないでね★泣いて得する習慣はNG

「泣けばすむ」

「泣けば思い通りになる」

「泣けば許してもらえる」

こういうことを身につけてしまうのは子どもにとってあまり幸せなことではないですよね。

そういう自我の通し方は、1人の人間として未熟なコミュニケーションの取り方であり、どこででも誰にでも通用するものではありません。

「あぁ、泣いちゃった…しかたないなぁ…」と周りの大人がゆるしていてそのまま成長すると、言葉での対等のコミュニケーションが取りにくい大人になってしまうかもしれません。

お友達や同僚などあなたの周りにいる大人で、思い通りにならないと泣く人はいますか?

それは流石にあまり見かけないかもしれませんが、

「思い通りにならないと感情的になる人」というのはいると思います。

子どもの頃に「泣く」とか「怒る」とかいう感情表現で人を動かしてきた人は、大人になるとやはり「怒り散らしたり」「泣き叫んだり」「物に当たったり」する事で自分の欲求を伝えてしまうことがあるのです。

周りの人にとってはちょっと困った人ですね。

勤務園では新年度が始まって2ヶ月。

子どもたちの人間関係にちょっと変化が出てきました。

親しくなってきた分遠慮がなくなりぶつかることも増えてきたのです。

その時に最も多いのが「泣く」。

悲しい時、辛い時、痛い時、寂しい時、どんどん泣いて良いと私は思っています。

けれども自分の我を通したい時にアピールのように泣き叫ぶのは、どうかなぁ??と思ってしまいます。

園ではそういう時はしばらく放って置くようにしています。

「泣いても思い通りになるわけではない」

ことを学んでもらうためです。

放って置かれると泣き止んでちゃんと話しをできる状態になることがほとんどですが、ずーーっと怒り泣きを続けることもあります。

ここで大人としては「負けそう」になりますね。

かわいそうだな、とか

うるさいから泣き止ませたいな、とか

こんなに泣いているのだから仕方ないか、とか考えて譲歩してしまいそうになるのです。

でも、ここでグッとガマン。

泣いても思い通りにならないと知ってもらうことが大切です。

そのあと、我が通らなかったことで消化不良を起こしているようなら個人的に話をして、「◯◯したかったんだね」と気持ちを受け止める時間を持ったりしています。

そして折に触れて、個人に対しても全員に対しても

「自分の考えや気持ちは 言葉で伝えよう」ということを繰り返しお話ししています。

「感情 で 伝えるのでなく、

感情 を 伝える」

これは、アンガーマネジメント協会の理事である戸田久実氏が教えてくださった言葉です。

子供の頃からそういう習慣を身につけていけたら、コミュニケーションが上手な人になっていけると思います。

私も心掛けます❗️

↑じゃがいも掘り行きました!

機嫌の悪いお母さんは…

ドラマに出てきた小学生男子を持つあるお母さん。

夫との心の行き違いもあるためか、いつも不機嫌。

机で勉強する息子を後ろから監視してを厳しくやらせます。

一生懸命解いた問題が間違っていた時、大きな大きなバツ印をつけて「○○くんなら間違えないわよ」と言って叱咤していました。

悲しくなりました。

このお母さんこそ、間違っています。

大きな大きなバツ1個じゃありません。もっとです。

①勉強は監視してやらせるものじゃない

②バツ印は小さくていい

③他の子と比べるもんじゃない

そして

④お母さんの不機嫌は子供の心の環境汚染!

お母さんだって人間。

気分のいい時も悪い時もありますね。

でも、知っておいて欲しいのは、お母さんの不機嫌は子供の心の呼吸を止めるほどの深刻な環境汚染だ!ということです。

子供は身近な人から大きな影響を受けます。

そして、基本、子供はお母さんが大好き。

身近な大好きな人の心の動きを、無意識のうちに自分の心に取り込んでしまうのです。

影響力が甚大なお母さんは、上手に感情コントロールする必要がありますね。

自分のイライラや不機嫌をうまくコントロールすることこそ、子供の幸せに繋がるのです。

ドラマの男の子が言っていました。

「でも、ママ、優しい時もあるよ。テストで良い点取った時とか。」

そんな時だけ優しくしてどうすんじゃ!

点数がどうだろうと、そのまんまを受け入れて優しくしてやってくださいよ、頼みます!

と、思わずテレビに向かってつぶやいてしまいました。

思い通りに行ったら優しい、思い通りに行かなかったら不機嫌。

いい大人のすることじゃありません。

親として、心も成長していきたいですね!

手作りいちご大福、サイコ〜!

時短の時代だからこそよけい大変に感じるのよねー✴︎子育て

新年明けましておめでとうございます。

今年もゆるゆる自然体で参りまーす。

さて、新年は離れて住んでいる息子が帰省しました。

一部自作のおせち料理を持って。

私の作ったお料理と合わせて賑やかなテーブルとなりました。

息子はただいま板前修業中。12月30日は徹夜でおせち作りを頑張ったようです。

ひと品ひと品に丁寧に手がかけられていて、お店の心遣い、大将のお人柄を感じるお料理でした。

息子がそういう心のあるお店で学べていることを心から嬉しく思いました。

ここまでくるのに紆余曲折がありましたが、親としてはとにかく子供が我が道を歩んでいくのを見守り応援するのみです。

子育ては

お金がかかる

時間がかかる

手間がかかる

答えはすぐには出ない

想定外がある

ここまで子供を育ててきて思うことです。

想定外はともすれば「怒り」「イライラ」につながりやすいものですが、

想定外を楽しめたらステキですね。

それには子供の人生と自分の人生を分けて捉えることが必要かもしれません。

今年も子育てや感情コントロールについて、ゆるゆると綴って参りますので、何かヒントにしていただけたら嬉しいです。

今年もよろしくお願いいたします。

************

「メールで購読」に登録していただくと、更新のお知らせが届きます。

読み逃しのないよう、ご登録よろしくお願いします。

このHPのトップページ1番下のところで「メールで購読」の登録ができます。

子供がいうことを聞くようにしたいなら★親と子のギブアンドテイク

「子供がいうことを聞かない」と親としては困ることがたくさんありますよね。

別に聞き分けのある「いい子ちゃん」に育てる必要はありませんが、大切な場所や譲れない場面で親の「ピッ」とした指示が通るようにしておくとイライラしなくてすみます。

これを築くには普段からの子供との関わり方に秘訣があります。

親の希望と子供の希望

親の側は

幼稚園や学校で何があったか、どんなことをしたかなどを聞きたいものです。

けれども、そんなこと取り立てて話したくないという子供もいます。

あれこれ質問してこちらの聞きたいことを聞き出すより子供が話したいと思うことを自由に話させ、聞いて欲しいと思うことをしっかり聞いてやるのが大切です。

子供の「小さな願い」を聞く

子供はいつも願いに満ちています。

あれを食べたい、これが欲しい、あそこへ行きたい、それをしたい…。

元気に成長している証拠です。

もちろんその願いを全部叶えてやることはできません。

いえ、全部叶えてやる必要は全くありません。

思い通りにいかない経験も大切です。

でも、「小さな願い」には是非耳を傾けてやってほしいのです。

「小さな願い」とは?

それは、日常の「見て見て」や「ちょっと来て」や「ねぇねぇ」につながる事柄です。

面倒がらずに時間を取る

この「小さな願い」を聞くって、正直「面倒くさい」ことが多いですね。

いちいち見てやったりやってやったりするのがおっくうになるんです。

それでつい、「わかった、わかった」といい加減に返事をしたり、「今忙しいからあとでね」と言ったりしてしまいます。

これが日常になると、子供の心に「ママは聞いてくれない」という思いが無意識にインプットされてしまうのです。

こっちの願いは聞いてもらえないのに、要求ばかりされたら誰だって嫌になりますよね。

私も、子供の要求が面倒だと思った出来事があります。

ある大雪の日、小さい子供たちは大はしゃぎで「お母さん、いっしょに雪だるま作ろうよー!」と誘います。

でも、私はあとから雪かきもしなきゃならないし、寒いし、やりたくありませんでした。

でも、しゃあないかぁ、付き合うか〜とコタツから出ました。

そしたら、なんだかスイッチが入りまして、スキーウェアに着替えて徹底的に雪だるま作りに没頭してしまいました。

もちろん子供は大満足。私も楽しかったし、面倒がって願いを却下しなくてよかったなと思います。

「小さな願い」はやがて「大きな願い」に変わる

子供が小さいうちは願いも小さなかわいいものです。

でも、それを聞かない日々が続くとやがて思春期になった時に、ちょっとやそっとじゃ親が叶えてやれないような「大きな願い」に膨れ上がってしまうことがあります。

法外な願い、筋の通らない願いなので「それは聞けないよ」と親が言おうものなら、「パパママも小さい時からずっとあたしの願いなんか聞いてくれたことがない!」と爆発したりするのです。

幼い頃の「小さな願い」、是非耳を傾けてやってくださいね!

幼稚園の茶室に炉が切られました。

火はいいですね〜。

毎日ガミガミ、疲れ果てていた…でも!

都内の小学校の家庭教育学級でお話をさせていただきました。

昨年も11月に呼んでいただき、「とてもよかったのでpart2を!」というお招きでした。

これまでにアンガ―マネジメントのお話を聞いたことにある方も、初めての方もわかるような内容ということで、今回は特に

「怒ろうと決めたことをどう伝えるか?」ということ、「子どもとのかかわり方の具体例」、そして最後のおまけで「怒らない体操」をちょこっとだけお伝えしました。

ネット上には書けない赤裸々なエピソードもお聞きいただきました。

★ご感想を聞かせていただいてうれしかったのは、「昨年も参加し、怒りの温度を測るのをこの一年間実践したら家庭が平和になった」というお声。

アンガ―マネジメントはトレーニングなので、とにかく「続ける」ことが肝要。コツコツ続けた結果を実感していただいて本当にうれしいです。

★同じく昨年も参加し実践していたが、途中でやらなくなってしまったという方も。でも、今回再度参加して改めて思いだしやってみようと思った!とおっしゃっていました。

これもうれしいです!

トレーニングには「三日坊主」や「リバウンド」はつきもの。でも、また気を取り直して取り組めば前進はできるんです。

★初めて参加された方も、「やってみようと思う」という方がほとんどで、これもまたうれしい!心がやわらかい!

自分に合うか合わないか、できるかできないか、やってみなきゃわかりませんからね。

★そして、アンケートの中には「毎日怒って疲れ果てていた…」という方が複数いらっしゃいました。しかし、今回の研修に出て「先生の言葉がバシバシ心に響きました」と言っていただき、涙が出そうです。

子育てって本当に大変なんですよね。

ママさんたち(もちろんパパも)、本当によくがんばっていらっしゃる!

苦しくなり辛くなり投げ出したいこともたくさんあると思いますが、それでも投げ出すわけにはいきません。

そんなママたちが少しでも笑顔になれたら、楽になれたらうれしいです。

今回のお話からひとつでもふたつでもヒントを得て実践していただけますように!

そうそう、アンケートの中に「part3」もお願いします、期待してます!と言ってくださる方がたくさんいて、更にうれしくなりました~。

呼ばれたらもちろん、行っちゃいますよ~。

我が子が自分と違っていてイライラする!ってことありますか?

子どもだった「自分」と比べてませんか?

子育てをする中で

「自分がこの子くらいのときはこうじゃなかった!」

と思うことがありませんか?

自分は *もっとたくさん食べた *もっと慎重に行動した *もっと勉強した  というようなプラスの思い出であれば、「自分は○○だったのだから、この子もそうなってほしい」と感じるかもしれません。

逆に *もっと引っ込み思案だった *もっと足が遅かった *もっと友達が少なかった  というマイナスな思い出の場合は 「自分は苦労したから、この子にはそうなってほしくない」と思うでしょう。

「こうなってほしい」「こうなってほしくない」の親の理想に子どもがあてはまっている時はそれでいいのですが、問題なのは「当てはまっていない」時です。

「夏休みの宿題は7月中に終わらせるタイプだった」なんていう親の元に、ゆったりのんびりギリギリでもいいや~タイプの子どもがいる場合、親の方はもういてもたってもいられなくてイライラ、ヤキモキしてしまいます。

「私は違った!この子、おかしいんじゃないの!?」などと感じてしまうことさえあります。

自分は自分

でもね、一般的に見れば7月中に終わらせるタイプだった人なんて、ごくごく少数だったはずです。

それは分かっていても、自分と違う我が子を目の前にすると複雑な心境になるというのはありますね。

自分の幼少期のあたりまえや失敗体験は強く心に刻まれるので、どうしても子育てに影響を与えてしまいやすいのです。

また、無意識のうちに自分と似ているのが当然と感じてしまっているかもしれません。

そのため、客観的な見方をするのが難しくなり極端な考え方をしてしまうことが多くなるんですね。

しかし、我が子と言えど違う人間です。

やり方やペースが違ってもあたりまえ。

「自分は○○だったけど、この子はちがうんだな~、まぁしょうがないか」

「自分もそうだったからこの子もそうなんだな~、まぁしょうがないか」とゆったりした目で見守ることができるといいですね。

心が楽になりますよ!

片付けが苦手な我が子を怒ってしまうのは何故?★親の不安が子供をダメにする!

こんにちは!

ぽかぽかあったか、はっぴぃハート作りのお手伝い、小谷こずゑです。

片付け下手★男の子は良くて、女の子はいけない?

女の子を3人もつあるママから以前、こんな言葉を聞いたことがあります。

「うちの子たちみんな、お片付けが苦手なのよ。

男の子ならご愛嬌なんだけど、女の子で部屋が汚いとか、ほんと困るよねっ!」

「え?男の子ならご愛嬌で、女の子だと困るの?なんで?」

思わず突っ込んでしまいました。

「だって、女の子は将来結婚した時、片付けもできないんじゃ困るじゃない?

片付けができなくて 汚部屋になっちゃって、離婚とかされちゃうケースもあるのよ!」

部屋を片付けられない女性のイラスト

それで、このママはいつも「かたづけなさ~い!」と怒っているということでした。

**********************************

思い込みは不安を生む

皆さん、このエピソードに「思いこみ」がいくつか隠れているのがわかったでしょうか?

①子供は将来結婚する

②家事(片付け)は妻がする

③片付けができない妻は離婚される

結婚しない人だっているし、苦手な家事は助けてもらったっていい。離婚の理由が片付けができないっていうケースは、ひょっとしてけっこうあるのかもしれないけど、それがすべてとは限らない。

ところが、

こうなるんじゃないか? 普通はこういうものじゃないか?

こうじゃないとダメなんじゃないか?

・・・と思い込みすぎていると不安がうまれてきます。

そしてその不安を消したくて怒ってしまうのです。

つまり、自分の理想通りに相手を変えてやろう!という思いなのですね。

もちろんそれはその子を思い、幸せになってほしいという気持ちから出ていることは間違いがないでしょう。

でも、それが本当にわが子の幸せにつながるのでしょうか?

怒られて育った子と認められて育った子、どちらが魅力的か?

怒られてばかりで育った子の特徴

自信がなくビクビクしている

逆に聞く耳持たずの傍若無人

怒るモデルが傍にいるため、キレやすい

情緒が不安定

自分から進んで何かやろうという思いが少ない

なかなか自立できない

人任せ

お調子者で責任感がない

等が挙げられます。*注!*すべてがあてはまるわけではありません!

認められて育った子特徴は

自分が好き

チャレンジする勇気がある

自分で考える力がついている

素直に人に助けを求められる

柔軟な考え方

気持ちが安定している

などです。*注!*すべてがあてはまるわけではありません!

元気な女の子のイラスト

どちらが将来幸せだと思いますか?幸せになると思いますか?

魅力的な人の周りには魅力的な人が集まり、また、困った時にも必ず助ける人が現れます。

**************************

さあ、一度立ち止まってチェックしてみましょう。

◎我が子を怒ってしまうその理由にどんな「不安」がありますか?

◎その「不安」にはどんな思い込みがありますか?

◎魅力的な子どもが育つためには どんな関わり方がいいと思いますか?

今日も読んでくださりありがとうございました。

もし、少しでもお役にたてましたなら、応援のクリックをお願いします。   励みにさせていただきます!

にほんブログ村 子育てブログ 子育てアドバイザーへ
にほんブログ村