夫婦げんかも児童虐待!?

面前DV

2004年に児童虐待防止法が改正され、子どもの面前で一方の親がもう一方に暴力をふるうことが、心理的虐待に当たるという定義づけがなされたそうです。

私の両親は記憶の中では仲良くしていた姿は全くなく、「いつも」けんかをしていました。

取っ組み合いのこともありましたが、たいていはやはり力の強い父親が母親を殴る・蹴るという形でした。

ものを投げつけることも多々あり、私の一番幼い記憶は畳に転がった電話の受話器とそこについた血の鮮やかさです。

・・・・これ、児童虐待だったんだ!!

いまさらですが、これは紛れもなく虐待であって、私の幼少期から思春期までの生きづらさの根っこにはこれが影響していたんだ!とはっきり言えます。

そして最近とみに思うのは、その人のかかえている人間関係の問題のほとんどは「自分と親との関係」に起因しているということです。

不安・怒り・自己肯定感・コミュニケーション・自立心・自律力・・・そういったものは全部「親子関係」あるいは「父親と母親との関係」と密接につながっています。

それだけに「面前DV」がまぎれもない虐待であることをもっと多くの方に知ってほしいとおもいます。

子どもは親の前に無力であらざるを得ないのです。

夫婦喧嘩は犬も食わない

昔からそう言われて、夫婦のことは夫婦で解決するというのが暗黙のルールでした。

私の母は、父のあまりにもひどい暴力に耐えかねて何度も警察に通報をしました。でも夫婦喧嘩だと知ると、全く取り合ってもらえなかったのです。

4,5歳の幼い私はただただ怖くて震えているか、勇気を振り絞って父の前に「やめてください」と土下座をするしかありませんでした。

パパとママがなぜこんなに喧嘩をするのか、もしかしたら自分が悪いのではないか、自分がもっと何とかすべきなのではないか・・・そんなことを幼児が考える訳です。

喧嘩を始めた両親の間に入って「ごめんなさい、ごめんなさい」と謝るわけです。

あ~、今でも泣けてくるな~。

夫婦喧嘩での通報でそこに子どもがいた時に面前DV=「心理的虐待」として児童相談所に通報することになったのは、2012年のことでした。

保護してやってください!その子は本当に大きな心理的ダメージを受けていますから!

夫婦喧嘩は犬も食わないなんて言ってる場合じゃないんです。

夫婦喧嘩は上手にしよう

殴る蹴るの激しい夫婦喧嘩じゃなければ、別に問題ないじゃない?と思うかもしれませんが、そうではありません。

子どもは父親の血も母親の血も半分づつ受け継いでる存在ですから、父と母との心理的決別は「子どもの心が半分に引き裂かれる」できごとなのです。

だからといって、夫婦がお互いに言いたいことも言えず、表面的な平和を取り繕っていても、それもよくありません。

未来解決思考で意見をたたかわせ合うことはむしろ歓迎すべきことです。

たとえば子どもの教育に関して夫婦の意見が分かれることもあるでしょう。そんなときは互いの考えを十分に聞き合い、言い合い、着地点を見つけていく必要があります。どちらかがどちらかの意見に封じ込められるのはいけません。

できれば子どもがいない時にやれるといいですね。意見の交換というのはどうしても感情的になってしまうことが多いですから。

こどもは感情的なやり取りを見たら、「なんかよくわからないけど不安」な気持ちになります。

「子どもの安全基地を揺るがす」という点で、それは「心理的虐待」に通じるのです。

心理的虐待を経験した子どもはその後、さまざまな生きづらさを負っていくことになりますから、子どもの幸せを願うならどうぞ、夫婦喧嘩は上手にやってくださいね!